ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和29年2月号 > 畜産ニュース 乳牛300頭を導入

畜産ニュース

乳牛300頭を導入

 昨今酪農界の活況により乳牛導入も盛んとなり,昭和28年度第3・4半期においては県外から酪農協会,郡畜連,単位農協或は家畜商等の斡旋により兵庫80頭,静岡55頭,千葉51頭,北海道46頭,石川40頭,徳島10頭,総計282頭がそれぞれ導入された。この内有畜農家創設用によるものは120頭で他は自己資金或は単協,組合の一部貸付によるものである。この282頭は県へ連絡のあった頭数のみで,これ以外の数を推定すると350頭に及ぶのではないかと思われる。
 又邑久郡では会長及び大橋参事が種雄牛購買のため静岡県へおもむき,昭和26年米国ワシントン州カーネーション牧場産輸入種雄牛カーネーション・キーノーター号の直仔を旧沼津種畜場長和田宗利氏の斡旋で購買し,邑久郡乳牛人工授精所にけい養した。