ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和29年8月号 > 〔落穂〕二.銀の卵

〔落穂〕

二.銀の卵

 銀は七宝の内で尤たるものの一つであって大変貴重な金属であることは今更申すまでもないことである。まして純粋無垢の銀製の卵の置物があったとすればそれは誠に仲々広大無辺の価値を持っている。尤も斯様な置物があるとすれば恐く金持ちのなかでも済度しがたい悪趣味な新興ブルジョアの所有欲の満足と単なる自己を誇示する対照となるだけで凡そ吾々庶民階級に取っては無縁の存在である。
 私の言うここでの銀の卵は純銀置物とは全く縁もゆかりもない鶏の種卵のことである。勿論卵の中には有色卵もあるが大部分が白レグの卵であるから白は銀に通ずると言うことで敢て銀の卵と申したい。実際私達が種鶏舎を廻わりトラップネストからこの種卵を取り出す時その柔かな渋味のある上品なしかししっとりとした濡を持っているその色沢と言いその感触は到底銀製置物とは比較にならない美的なものを感んずる。まさしくその中には将来数々の大きな夢を実現してくれる胚が静にねむっていることを思うなれば私達にとってはこの銀の卵の価値は到底置物と比較出来ない程高い。
 デフレの影響がひしひしと身近にせまって不景気風がしのぶが如く吹き初め大阪あたりでは吾々日本人共通の朝の挨拶である今日はと言う言葉が何にか良いことありませんかと言うことに代っている程の当今でしかも同じ畜産物である牛の乳価格は次第次第に下落している時にも拘わらず食卵価格は比較的に堅調を保持しこの先2−3ヵ月間は先高さえも予想せられているのは数々の理由もあろうが私はその原因の主なるものの一としてこの銀の卵の存在を挙げねばならないと堅く信じている。が私達関係者は当然今後覚悟せねばならない卵価の下落をまた飼料情勢の趨移を考えるとき,また一歩前進し積極的に食卵の国民食糧としての意義を昂め且つ其の実を挙げねばならない将来のことを考慮すれば考慮する程この銀の卵をいくら高く評価してもしすぎることは有るまい。
 今更喋々して殊更に附言の必要もあるまいが鶏の飼育形態,その濃厚飼料への依存度の高い事から考えて見ても他の家畜と異って特に飼料の問題が格別重要な事となる。従ってその経営の安定を図るには産卵性の高い鶏を高度な精緻な養鶏技術を以って飼養することによって始めて期待され得る。私はこの意味において今後の養鶏の重要課題の第一に挙げねばならないことはメーテルリンクの青い鳥ならぬこの銀の卵を産む金の鶏を探し出す為に絶え間ない努力を続けて行くと同時にこの銀の卵から金の鶏を産ませる為に関係者協力一致して大きな構想の下に養鶏施策を打ちたてることである。
 特に全国屈指の養鶏県たる岡山県においては緊要性を斯様な施策即種鶏の改良繁殖施設の拡充整備の重要性,緊要性を痛感しているのは恐く養鶏関係者の総意であろう。