ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和30年1月号 > ジャージーを迎えて

ジャージーを迎えて

 久しく待っていたジャージーが全国農家の注視と羨望のうちに神戸港での検疫をすませいよいよ本日到着しました。この優しいまなざしをしている牛によって,農業経営を発展させ,生活を安定,向上させてゆくその第一歩を,皆さんは,今,ここに踏み出されたわけであります。
 さきに酪農振興という法律が出来,之に基いて我が蒜山地区が,富士山麓以西では唯一のジャージー集約酪農地域に指定されました。これで太平洋の彼方のニュージーランドからはるばる輸入されたこの国有の乳牛が岡山県に貸付けられ,県から我が川上農協が之を借受け,更に農協から組合員の皆さんに再貸付をする事になったのであります。今日より皆さんと農協との間には,特別に深い関係が生じたのでありまして,農協は皆さんと共に,ジャージーによる集約酪農を成功させ郷土の繁栄にますます努力する覚悟でいます。
 どうか皆さんは,日本で初めてのジャージー集約酪農の先駆者としての誇りと責任を自覚し,強固な協同的精神を以って農協の中核となり明日の豊かな,楽しい農村の建設に頑張って下さい。全国の農家は皆さんを静かに見守っています。ともに手をとり力強く一歩一歩前進致しましょう。

 昭和29年10月28日   
川上村農業協同組合