ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和30年4月号 > 水田地帯の飼料自給

水田地帯の飼料自給

津山市押入 早瀬眷二

一.まえがき

 有畜農業と言えば酪農を想起させるが如く戦後を契機として酪農経営が全国的に唱導せられつつある今日水田酪農と呼ばれる私の経営が果して何処まで耐え得るか最近の乳価の値下げ,飼料の高騰,製品の滞貨等,何一つとして明るいニュースのない現在,特に経営に不安を感じるものでありますが今日までの酪農は経営の多角化食生活の改善にと悪化の一途を辿る農業経営の救世主の如く宣伝されて来たのであります。ともあれ一度乳牛を導入致しましたならば一日の休み,一寸の煙草もなく,やれ搾乳,やれ飼料と全く楽農でなく苦農の連続,残るものは高値な餌代と少しばかりの厩堆肥だけと言う想像もしなかった経営難が現在の酪農経営の実体ではないかと察するのであります。酪農経営の一大根本問題は飼料の自給度にある事は万人の認める処であります。
 自給飼料を建前とした自己の農業経営の能力や其他の条件,例えば,家族労働力或は採草地,耕作面積等色々と考えた上で,どれが自己の経営に最も好適であるかを決めるべきであり,いたずらに労力をかけた高度な輪作,或は広面積な作付などを行うことなく,永続性のある自己の経営にとけこんだ栽培でなければなりません。

二.飼料の自給計画

 そこで私は私の家の耕地面積,家族労力等より見た自給飼料の計画を飼養乳牛の年間必要養分量の決定より始め耕作面との無理のない飼料の自給計画を立てて見たのであります。

経営の概要
乳牛 成牛   1頭
和牛 成牛   1頭
鶏       20羽
サイロ 1基  5尺×6尺
稼動人員    2.7人
耕作面積 水田 1町3反5畝
     畑  5畝
  計     1町4反
採草地     ナシ
畦畔      約1反5畝

(第1表)年間必要養分量

維持飼料+生産飼料+妊娠飼料
体重130貫年間約30石泌乳予定(3.2%)
維持飼料(年間) 可消化蛋白質 24貫860匁
澱 粉 価 237貫250匁
生産飼料(10ヶ月) 可消化蛋白質 66貫
澱 粉 価 330貫
妊娠飼料(89ヶ月) 可消化蛋白質 13貫
澱 粉 価 78貫
 合 計 可消化蛋白質 103貫820匁
澱 粉 価 645貫250匁

 乳牛の年間必要養分量は第1表のとおりでありますが,次に考えなければならないことは粗飼料の概算であります。容積から見ますと年間青草で体重の10%と見て約4・5千貫が必要となります、1年の内青草の給与期間は約5ヵ月間で畦畔の草で1日10貫の刈取が出来るとして1,500貫,あと3千400〜500貫が不足しますが,これは青刈の飼料畑又は乾草藁等で,補わなければなりません。
 そこで私は月別の粗飼料給与計画を次のようにたてました。即ち冬期間は燕麦を10月下旬に播種,2月上旬から4月下旬に亘って1日当約2貫,カブを9月上旬に播種,1月上旬から3月下旬にかけて1日約2貫,大根葉(大根)を12月下旬から1月下旬にかけて1貫,レンゲエンシレージを11月上旬から2月下旬にかけて日量3貫,稲藁を10月中旬」から4月下旬にかけて日量約2貫500匁夏期は青刈トウモロコシを4月下旬に播種7月上旬から9月上旬に亘って日量5貫,野草5月中旬から10月上旬に日量10貫,レンゲの青刈は水田に9月中旬直播し,4月中旬から6月上旬に亘って日量12貫,レンゲ乾草を5月中旬から6月下旬の農繁期に日量3貫と「第2表」の通り計画致しました。そして手持飼料を極力生かす方針で行きました。

(第2表)粗飼料月別給与計画表

(第3表)耕地面積(13.5反)

三.飼料の作付計画

 以上の計画表から私は飼料作物栽培を「第3表」の様に立て実行しています。即ち私は水田の裏作に飼料の大部分を持って行き,幸い耕作田の9割が二毛作出来る関係上、紫雲草4反(反当700貫),実取麦は小麦2反(反当90貫),裸麦1.5反(反当100貫),其他1反8畝と転換畑5畝歩,燕麦300貫,カブ400貫,青刈トウモロコシ500貫であります。非常に簡単な飼料の自給でありますが,現在の労力ではこれ以上は無理かと思って居ります。以上の外足らずは購入飼料に頼っていますが,紫雲英4反,内青刈で約2反歩,エンシレージに1反,乾草に1反当てています。畑5畝は自家用野菜としています。

(第4表)自給飼料の蛋白質,澱粉価

種     類 数     量 可消化蛋白質 澱  粉  価
 
 1.飼料作物
青刈エンバク 200 2,000 20,000
青刈トーモロコシ 400 1,600 28,000
カブ 250 450 10,000
青刈レンゲ 700 14,000 56,000
エンシレージ紫雲草 300 3,000 13,000
乾草レンゲ 100 13,000 39,000
 2.農場副産物
米ヌカ 35 3,150 31,000
麦ヌカ 25 3,100 9,500
稲藁 600 3,600 120,000
大根葉 100 1,000 6,000
畦草 1,000 10,000 60,000
 3.農場主産物
大麦 200 16,000 136,000
自 給 飼 料 計 68,800 549,100

 飼料計画実施に基く飼料の給与量及び蛋白質,澱粉価の内容は「第4表」の通りであります。
 以上が私の自給飼料対策の計画と実行とでありますが,自給対購入の割合は62%対38%となります。年間必要養分量と比較致しますと全体の給与量が蛋白,澱粉共に相当必要量を上廻って居りますが,結果から見て33石余の搾乳を得ました。それでも3割からの飼料の多給を見ておる事は今後の飼料給与上大いに参考となりました。今少し購入飼料をひかえるならば7割位の自給は可能ではないかと確信するものでありますが,之には畦畔農道の野草の改良,荳科の混播,サイロの増設等今後大いに考えなければならない点がありますが,ともあれ水田酪農と呼ばれた経営で6,7割の自給が経営内部で調達出来る様に努力するならば如何なる悪条件にもゆるぎない経営が出来る確信を得たのであります。之を一大目標として今後も精進いたす覚悟であります。要は飼料の計画に当って種々の条件を考え自己の経営に最も好適であると言う事が永続性のある栽培と言う事になると思って居ります。私の飼料対策より以上の経営を営んでおります,先輩諸氏の今後の御指導をお願い致します。

(第5表)購入飼料

種     類 数     量 可消化蛋白質 澱  粉  価
200貫 22,000貫 94,000貫
配合 120 18,000 84,000
大麦ヌカ混合 280 16,800 109,200
大豆粕 30 12,000 21,000
買入計 68,000 308,200匁
合計 137,600 857,300
自給割合 50% 64%
購入割合 50% 36%
全体の自給対買入の% 自  給  飼  料 62%
購  入  飼  料 38%