ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和30年6月号 > 畜産ニュース 千屋―本郷間精液鳩輸送開始

畜産ニュース

千屋―本郷間精液鳩輸送開始

 千屋種畜場では刑部-千屋間の鳩による精液輸送に成功-成果を挙げているので,更に阿哲郡南部への輸送を計画し,嘉寿技師指導の下に哲多町本郷赤木人工授精所との間に訓練を行っていたのである。千屋-本郷間は18㎞であるが,この間鳩での所要時間は20分間で将来この地区に輸送出来ると産犢の上にも好結果がもたらされるのでその成功が期待されていたものであるが,各種の訓練も終り,去る5月10日盛大に開通式を挙行された。千屋種畜場では更に将来郡内他地区への輸送も計画中であり,今回の成功はいよいよ確信を深めたことになり,人工授精の将来性に明るい見通しがついたもので誠に慶ばしいことである。