ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和30年6月号 > 編集室から

編集室から

◎今日はバードデーである。愛鳥の思想普及は誠に結構なことであって,もっと大々的に実施してほしいものである。子供達が小鳥の巣箱を作って木の枝に掛けている,何時来るか判らない巣箱であっても,自分で作ったものであると毎日の様に見に行って,「今日も来ない」「今日もまだ来ていない」とまるで来ない小鳥の方が悪い様な風に気を使っている。それだけに小鳥が来た時の喜びと,小鳥を通しての愛情は実に美しいものである。それなのに片方では大人達が空気銃を持って小鳥を追い廻したり,カスミ網を張って小鳥の大群を一度に獲えたり,こんなことは何んとかならないものか知らん。ニュージーランドでは公園へ行っても,町の小川へ行っても野鴨がヒナを連れて遊んでいるし,公園のベンチに腰を下せば雀達が集って来る。港の桟橋に兎が出て来る有様である。木や草花は自然のままに眺めるのが一番美しいのであるし,小鳥や動物が自然の姿で見られるのが一番楽しいのである。子供達に愛鳥の心を起させる様にすると共に,子供達の夢をこわさない様に大人達も心してほしいものである。

◎選挙戦も終り,新知事が出来県議が出来,新と名のつく市町村長や,議員さん達が選出されたわけである。選出されるにはそれだけの理由と実力があったのであるから,お芽出度うと申上げたい。然し乍ら省みて「何んと浮動票の動きの恐ろしいことよ」である。あんな人がと言う人もあれば,あの人がと気の毒がる人もある。選挙は水物とは言え,もう少し判然とした意志と思想を持って投票したいものである。

◎連休日も終って何んだかホットした様である。休日が1ヵ所に集中したことについての是非論は別として,休みが続くことは有難い反面,親父達には苦しい休日である。サラリーマンを喜ばせるのならもっと年間に配分して貰った方が良いかも知れない。何はともあれ連休は終ったのである。後は自分の仕事に精を出して働くべきである。

◎紫雲丸事件に引続き交通事故が続出である。一方では交通安全週間が実施されている。安全週間とは事故を無くするための週間であるのに,週間中に事故の続出は何んとしても一般の気のゆるみか,度々の何々週間に一般がついて来ないためかどうかは知らないが,ほめた話ではない。機動力を発揮してスピードを増すことは結構であるが自分独りで無いことを考えてほしいものである。