ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和30年9月号 > 岡山鶏卵の取引改善策 県及び3団体で協議

岡山鶏卵の取引改善策 県及び3団体で協議

 岡山の卵の出荷の機構がバラバラであるうえに品質が悪く売物になりにくいという理由で,岡山鶏卵に対する阪神市場の風当りが最近とくに強くなって来た。京阪神市場にたいする県鶏卵出荷量は年間200万貫,これが貫当り30円方愛知物より安く買いたたかれている現状だから,年間では京阪市場だけで約6,000万円はみすみす損をしている勘定になる。最近では出荷に計画性がなく品質が悪いものは次第に売れにくくなっており,この対策をたてるため県はじめ県鶏卵移出商協組,県経済連,県養鶏連の出荷3団体が去る7月6日,県養鶏連に集まって「鶏卵取引改善懇談会」を開いた。同日は県当局から京阪神市場側の注文の説明やこれにたいする出荷団体の意見発表などがあり,対策が協議されたが,結局定期的な集出荷による商品価値の向上が先決という意見が強かった。以下県鶏卵の取引改善について主な意見をまとめてみた。

一.計画出荷

 岡山ものの出荷機構を大別すると@生産農家から単協−生産者連合(県経済連および県養鶏連)を通じるものA農家,単協などから商業者−商業者団体(県鶏卵移出商協組)を通じるものB個人箱詰出荷業者扱いC背負込み業者扱いの4種類にわけられ,@とAの前二者が共同は販売を行っているのに対し,BとCは無統制な個別販売を行っており,京阪神出荷量1日約1,500箱(年間平均推定)は両者でほぼ折半している。このように岡山鶏卵の出荷は個人売りの比率が高く,複雑な出荷機構を形成していることが特色で,これが県鶏卵全体の立場でながめた場合,計画性を欠いでいると阪神の業者から批判されるゆえんである。
 こうした実情から岡山鶏卵は商品価値がうすくなり,現在では香川卵が価格形成の中心的役割を果している。これを改善するためには定期集卵,定期出荷を確実に励行することにあり,思惑,選択売りは絶対にやめることが必要である。
 輸送の点でも改善すべき点が多く,岡山卵はトラック輸送により,普通神戸、大阪両市場で数ヵ所に荷物をおろすため到着するまで正確な時間および数量がわからず,往々にして当日売りに間にあわない場合が多い。貨車輸送の愛知物,船輸送の香川物に比べて,この点不利となっており,改善が必要である。

二.規格の統一

 出荷機構が複雑なため規格が不統一で岡山物は銘柄取引が出来にくいから今後出荷機構を整備して岡山鶏卵をはっきりした銘柄物に仕上げる必要がある。
 輸送箱は必ず新箱を使用し,ナワがけは正規のもの縦ナワ1本,横ナワ2本,ドウナワ1本,腹ナワ1本(各ナワとも三重)を行うこと。箱詰めにかわるものとしてフラット(紙ワク)フイラー(ダンボール台紙)の使用が最近東京市場で盛んに行われている。フラット,フイラーを使用すれば衛生的であり,取扱いが簡便な特長があって,東京では駐留軍関係や高級取扱店ではフラット使用のもの以外は買わないとさえいわれ出している。1箱分の経費が60円見当かかるため,これが難点となっているが,東京市場では木箱包装より貫当り20円高く仕切ってこの問題を解決している。いずれ大阪市場でも盛んに使用されている見通しで,本箱包装で他産地に立ち遅れている岡山県としては,立遅れ回復のために早くフラット使用を試みるのも一つの方法と考えられる。

三.鶏卵の品質改善

 最近笠岡地区から大阪市場へ出荷されたもののなかには,1箱のうち80%が振って音のする不良卵(譲る一歩手前のもの)であったといわれる。これは主に業者および生産農家が思惑をして出荷,販売を手控えしたりする結果おこるもので,理想からいえば一日も早く販売することが望ましい。鮮度の落ちる原因には長期保存が大きくあげられているが,それ以上に温度が大きな関係をもっている。アメリカで行った鮮度試験によると華氏98.6度(摂氏37度)で3日間保存した場合,同77度(同25度)で8日間,同60.8度(同16度)で23日,同44.6度(同7度)で同65日間,同37度(同3.5度)で100日間保存した場合,鮮度の落ち方は同じであるという結果がでている。従ってむし暑い夏分は卵はとくに早く出荷する必要がある。
 貯蔵方法にも一工夫が必要で,貯蔵は華氏60度以下に保存することが理想であり,卵をたてにならべて(シリの丸い方を上にする)保存すると鮮度が落ちにくい。また出荷する場合は電灯検卵を行い,よく鮮度をたしかめて出荷する注意も大切であり,汚染卵の混入も絶対さけなければならない。

四.県鶏卵移出協会(仮称)の設立

 県産鶏卵の声価をたかめるには統制のとれた出荷機構の確立がまず先決である。このためには各出荷団体がお互いに横の連絡をとるよう県鶏卵移出協会(仮称)を早く設立し,出荷,規格,品質などの強力な改善運動を行う必要がある。こうした施策をおしすすめて行くため県営検査を実施し,不良品の県外流出をくいとめなければならない。