ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和30年9月号 > 畜産ニュース 順調な成育ぶり 蒜山,津山地区のジャージー

畜産ニュース

順調な成育ぶり 蒜山,津山地区のジャージー

 昨年秋,蒜山及び津山地区へ導入されたニュージーランド産及びアメリカ産のジャージー種乳牛270頭は,うち1頭が死亡したのみで,残りはそろって順調な成長ぶりを示し,6月末までにメス11頭(蒜山3,津山8)オス16頭(蒜山4,津山12)が生れている。増殖計画も順調にすすめられており,再妊娠3頭,初妊娠95頭,種付中(妊否不明)145頭となっている。  繁殖障害は軽度の内膜炎を起しているもの2頭を除いてはあまりみられない。  搾乳牛27頭の1日当り最高乳量は9升(16.6s)最低4升9合(9.6s)脂肪率は最高5.85,最低3.52となっている。