ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和30年11,12月合併号 > 畜産ニュース 馬渡氏大分県畜産課長へ 場長後任に蔵知氏

畜産ニュース

馬渡氏大分県畜産課長へ
場長後任に蔵知氏

 津山市大田の津山畜産農場長,馬渡武彦氏は大分県畜産課長として栄転のため,9月30日付で岡山県を退職,後任には県畜産課経営係長蔵知毅氏,経営係長には花尾省治氏(旧畜産係長)がそれぞれ10月1日付で発令された。

 なお県では庁内刷新と事務能率の向上をはかるため係長をのぞく中堅職員186人の異動を10月1日付で発令したが,これを期に今後は4月1日と10月1日に定期的に異動を実施する原則を設けることになった。

 いままで一般職員の異動は,その都度局部的に行われていたが,5年以上同じポストにいる職員が非常に多く,このため一般に庁風が沈滞気味だとの声がきかれたため,こんどはじめて大規模の異動を行ったもので,県畜産課では庶務係の林主事が会計課へ転出,後任に津山畜産農場の景山主事が着任した。