ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和31年2月号 >  畜産ニュース 春ビナの割当決る

畜産ニュース

春ビナの割当決る

 岡山種畜場並びに兵庫種畜牧場から今春生産される春ビナの割当がこの程次のとおり岡山種畜場産23,845羽,兵庫畜牧場2,400羽が決定した。     

岡山種畜場産(1月29日−5月22日)
個体 標準
白色グレホーン種 11,250 11,100
横斑ロック種 640 855
計   11,890 11,955羽
兵庫種畜牧場産(1月18日−5月30日)
 白色レグホーン種 1,600
横斑ロック種  800
計   2,400

 岡山種場産の個体ビナは,県の行う現場調査を実施している種鶏場へ,標準ビナは一般指定種鶏場を対象に種鶏組合又はふ卵場へ一括割当。兵庫種畜牧場産のものは国営鶏産卵能力現場検定を実施している種鶏場を対象にそれぞれ割当された。