ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和31年2月号 >  編集室から 

編集室から

◎昨年1210日付で美作集約酪農地域として,県北の1市15ヵ町村が農林省から正式指定され,2年前から計画していた願いがやっと実現した。県では同地区の振興をはかるため,曾我農地経済部長を室長に美作集約酪農地域振興対策室を設け,関係機関が集って,日夜鋭意これが,具体策をねっている。近く統一された技術指導が行われるが酪農家も一丸となって目的達成のため邁進して頂きたい。

◎乳牛の取引は昨年暮から2割高,和牛113頭乳牛2頭沖縄輸出,北酪農協再建の朗報,蒜山地区のジャージー牛乳処理対策の決定,養蜂協会の設立申合せと年明け以来,この処岡山県畜産界にとっては明るい見透しの連続である。ただ掛声のみに終らないよう腹帯をしめて堅実な歩みをしたいものである。