ホーム > 岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和36年9月号

復 刻 版

岡山畜産便り

昭和36年9月号


草の特集号


【巻頭言】

  牧草談義   藏 知   毅

【草の週間特集】

【挨拶】「草の週間」にあたって

       岡山県農林部長  荒木 栄悦

乳牛放牧のすすめ  農林畜産局自給飼料課長  佐々木 即

草のねうち  農林省中国農業試験場  中村 勤史

本県における飼育作物栽培の現況と技術上

   よりみたその問題点ならびに対策  専門技術員  栗山 光春

ジャージー牛飼業と飼料作物  酪農試験場  三 秋   尚

7月の生乳生産、消費(全国)

  ―生乳生産は増加率やや鈍る 順調に伸びる飲用消費―

1、2のお願い   惣津 律士

イタリアンライグラスを活用しよう  牧野  勉

草と家畜と果樹を結ぶ私の立体農業経営の実際

  久宗立体農業研究所  所長  久宗  壮

草地造成上の問題点について  広瀬 又三郎

草地農業についての私見  岡山農試大佐分場長  石橋 恭一郎

和牛的酪農  中国農試  中野 正雄

岡山県を中心とした飼料作物栽培の現況と将来

  広島大学水畜産学部  黒住 久弥

草の週間によせて  岡山県酪農試験場  場長  小沢 宣雄

西南暖地(乾燥地)に適する混捲牧草  農林省宮崎種畜牧場飼料課長  高木 春吉

草の栄養価値と貯蔵  岡山大学農学部教授  須藤  浩

和牛と草  岡山県和牛試験場  場長  林  正夫

岡山県の草資源増産計画

【飼養管理】

  養鶏メモ

【随筆】

  銷  夏   静閑堂主人

岡山県の牧野改良指導機構

畜産試験場だより  和牛試験場

時報

  ◎夏乳価は60円に

  ◎県総合畜連の支所管内地域

  賀茂家畜保健衛生所新落成

農業情報

  ◎昭和35年度動向調査 農林漁家人口の他産業への流出続く

畜産物市況(7月) 大阪経済事務所

畜産ニュース

  ◎県有種雄山羊の導入

  ◎県総合畜連会長に三宅氏

  ◎県畜産共進会の協賛行事きまる

編集後記