既刊の紹介岡山県畜産史

第1編 総論

第2章 明治,大正時代における畜産の発達

第2節 畜産奨励の概要

 明治年代に入ると,政府の勧農政策により,牛馬を初めとする畜産奨励策が講ぜられるようになった。しかし,当時の畜産はまだ揺籃時代に過ぎず,具体的な畜産改良施策が打ち出されたのは,明治33年(1900)になってからである。すなわちこの年は,@政府に種牛改良調査会が設けられ,畜牛改良方針(零細農家向け兼用種の造成)が決定され,A七塚原種牛牧場が新設され,乳牛改良のためエアーシャー種を,和牛改良のためシンメンタール種(のちブラウンスイス種を加えた)を,豚においてバークシャー種,大・中・小ヨークシャー種をそれぞれ英国から輸入けい養し,B第1回中国連合畜産共進会が島根県において開催され,C産牛馬組合法(法律第20号)が制定されるなど,わが国畜産の発達に画期的な年であった。
 日清(明治27年),日露(明治37年)の両戦役が,ついで第一次世界大戦(大正3年)が勃発,そのつど,軍需等による畜産物の需要増は,着実に畜産の発達を促した。また牛馬主体の畜産から次第にすべての家畜・家禽に対して奨励施策が拡大されるようになった。例えば,明治39年(1906)発布の「産馬奨励規程」(閣令第9号)および明治41年(1908)に発布された「産牛奨励規程」(農商務省令第11号)に代えて,大正8年(1919)には「畜産奨励規則(農商務省令第12号)」が制定され,また,大正15年(1926)には「乳肉卵共同処理規則」が公布され,これらによって,奨励対象家畜と事業とを拡大して,畜産全般の改良発達を図るようになった。なお大正4年(1915)には,産牛馬組合法に代わって畜産組合法(法律第1号)が公布され,適用範囲が牛馬から牛馬羊豚に拡大された。
 岡山県の畜産に眼を転ずれば,明治維新以後は,役牛のほかに肉用牛,乳用牛の需要が増加し,これらの導入,改良が行われたが,とくに農用あるいは運搬用として,体質強健,肢勢優美な点で,他産地にまさる和牛の生産に重点が置かれていたことは,岡山県(大正13年)の『岡山県要覧』に「本邦畜牛ヲ説クモノ首メニ指ヲ備中牛ニ届スルナラン」とあるのを見てもうなずける。
 岡山県の畜牛総頭数は,明治初年以降,おおむね9万頭前後をもって推移し,全国有数の畜産地に属していた。農家戸数162,000余戸の内,約5割は牛馬を飼養していて,1万里につき牛210頭,馬14頭が飼われ,また,耕地1町5反につき牛馬1頭の割合を示していた。明治30年(1897)から大正10年(1921)まで,5年ごとの岡山県の畜産総価格などは,表2−2−1のとおりであって,経済変動により,生産額に多少の変動はあるものの,大勢としては相当大幅な伸びを示している。


 大正14年(1925),岡山市における畜産物の生産から消費に至るまでの需給状況を,次に掲げて参考に供する。


 ここで,明治21年(1888)12月20日の畜産物東京相場を,『牧畜雑誌(第5号)』(明治21年12月25日)により,参考までに掲げれば,表2−2−3のとおりである。

1.畜産奨励規程(大正11年12月2日 岡山県令第68号)

第1条 畜産の改良発達を期するため,本規程により毎年度予算の範囲内に於て,下の奨励金または補助金を交付し,もしくは褒賞を授与す。
  種畜購入奨励金,種畜改良奨励金,優良種牛馬保留奨励金,牧場施設奨励金,家畜保健衛生施設奨励金,畜産組合同連合会事業費補助,畜産技術員設置費補助,家畜家禽共進会賞金,畜産改良功労褒賞。
第2条 種畜購入奨励金は,乳用牛改良増殖のため優良なる乳牝牛を購入し,検査に合格したるものにこれを交付す。
第3条 種畜改良奨励金は,下記各号による種畜改良奨励経費に対し,畜産組合,同連合会,郡市または郡市農会にこれを交付す。
 1.国,県,畜産組合,農会または個人有の種牡牛に対し,改良奨励のため支出したる飼養管理費
 2.種牛馬羊豚購入費またはこれが購入補助奨励費,但し本県種畜払下規程により払下を受けたるものにはこれを適用せず。
 3.優良種牛馬保留奨励費
 4.犢駒育成奨励費
 5.種畜種付に関する施設費,種付料またはこれら補助奨励金。
第4条 優良種牛馬保留奨励金は,繁殖の用に供する種牡牛,乳用種牝牛または種牝馬にして,検査の上優良と認めたるものの所有者にこれを交付す。但し,第2条の種畜購入奨励金もしくは本県種畜払下規程により払下を受けたるものにはこれを適用せず。
第5条 牧場施設奨励金は,1団地実測面積30町歩以上の牧場を設置し,もしくは整理したるものにこれを交付す。
 飼料用採草もしくは随時放牧のため適当の施設を存したる場合には,前項の制限に限らず交付することを得。本条の奨励金は,事業竣工検査の上これを交付す。
第6条 家畜保険,衛生施設奨励金は,治療,共済,防疫,斃獣処置,健康診断または削蹄に関する施設経費に対し,畜産組合同連合会,郡市または都市農会にこれを交付す。
第7条 畜産組合同連合会事業費補助は,下記各号による事業経費に対し,畜産組合または同連合会にこれを交付す。
 1.指定したる事業費
 2.家畜市場の建築,改築,修繕または買入費。但し敷地購入費はこれを除く。
第8条 畜産技術員設置費補助は,畜産に関する技術員を設置したる畜産組合,郡市または郡市農会にこれを交付す。
第9条 家畜家禽共進会賞金は,1郡市以上を区域とする家畜もしくは家禽共進会において,賞与を受けたるものの出品者にこれを授与す。
第10条 畜産改良功労表彰は,畜産改良上功労ありたる者にこれを授与す。
第11条 前各条による奨励金,補助金ならびに褒賞は,下記各号によりこれを交付または授与す。
 1.種畜購入奨励金 購入価格の2割以内,ただし1頭金200円を限度とす。
 2.種畜改良奨励金 支出経費の3割以内。
 3.優良種牛馬保留奨励金 種牡牛金50円以上150円以下,乳用種牝牛金30円以上50円以下,種牝馬金30円以上100円以下。
 4.牧場施設奨励金 設備費,整備費は,支出額の各3割以内,ただし1牧場につき各500円を限度とす。
 5.家畜保健衛生施設奨励金 支出経費の3割以内。
 6.畜産組合同連合会事業費補助,指定事業経費支出額の5割以内,家畜市場に関しては支出額の4割以内。
 7.畜産技術員設置費補助 畜産技術員俸給旅費支出額の3割以内。
 8.家畜家禽共進会賞金,下の等級による。
   家畜 1等 賞金 20円以内
      2等  同  10円 〃
      3等  同  5円 〃 
   家禽 1等  同  6円 〃  
      2等  同  4円 〃
      3等  同  2円 〃
 9.畜産改良功労褒賞 賞金または賞品(以下省略)
  (注・この規程は,産牛奨励規程(明治45年),産馬奨励規程(大正2年)を廃し,新しく制定されたものである。)
   

2.畜産関係予算および畜産奨励施策

 明治後期から大正初期にかけての各年の畜産関係施設経費が,岡山県内務部(大正4年)の『岡山県畜産要覧』に掲載されているので,その一部を表2−2−4に掲げる。
 つぎに,岡山県(昭和42年)の『岡山県政史(明治・大正編)』により,畜産奨励事業の一端を述べれば,次のとおりである。

 本県における畜産奨励施策は,明治30年(1897)ごろ以後確立されているようである。すなわち,畜産共進会の開催(注・明治32年,第1回県畜牛共進会),畜産組合の育成,県種畜場の設置(注・明治36年),県立農学校獣医科の設置(注・明治30年)など積極的な施策が行なわれ,とくに,畜牛の改良,乳牛,豚の優良品種の導入普及が図られた。

(1)大正9年における畜産奨励施策

畜牛改良計画
  1.公共団体の種牡牛購入に対しては補助金を交付すること。
 従来,種牡牛は県自らこれを購入し,無料貸付して来たが,近年本県の改良和牛は,他府県から種牛として盛んに需要があるので,将来一層厳選し,生産を増加する必要がある。公共団体のように長期飼養の予定のある種牡牛購入に対しては,1頭につき200円以内の補助金を交付しようとするものである。そして,1カ年平均80頭の交配を行なわせ,3カ年間種牛として飼育させようとするものである。
  2.和種牛改良繁殖委託試験
 由来岡山県には独特の畜牛があるけれども,その改良成績は,遅々たるものである。よって,役肉用種として,一層寸を増し,量を加え,かつ,早熟性とすることは,極めて重要なことであるので,この目的達成のため,県下主要産地から牝牛約12頭を選抜して,これを県外の優良畜産地に委託し,適当な種牡牛と交配させ,その産子は生後2年間同地において育成して,その成績を考察しようとするものである。派遣牛に対しては,交配費として50円,牝牛繋養費として50円,子牛育成費として100円,計200円を交付するものである。
  3.産牛奨励規程の改正
 現規程第2条第1号中,優良種牡牛であって,1カ年間確実に飼養し,繁殖の用に供するものに限り,和種,洋種とも1頭平均100円を交付することに改める。同第2号中,1郡市以上を区域として開設する畜牛共進会に出品した優良牛に対しては,1頭につき5円以上15円以下の賞金を授与することに改正する。

(2)大正15年における畜産奨励事業

 家畜の改良増殖が畜産奨励施策のほとんどを占めていたと言ってもよい時代で,家畜の導入,保留,畜産共進会などに努め,一方,畜産組合などへ大幅な補助金を交付していた。大正15年(1926)における事項別予算額は,次のとおりであった。

  1.畜産奨励(予算額14,700円)
   イ 牧場奨励(300円)
   ロ 種畜改良奨励(4,000円)
   ハ 家畜共済事業奨励(500円)
   ニ 優良種畜保留奨励(4,200円)
   ホ 乳牛購入奨励(2,000円)
   ヘ 畜産共進会賞金(1,000円)
  2.畜産組合および同連合会補助(予算額9,300円)(注・金額が合わないが原文のまま掲載する)
   イ 畜産組合連合会補助(2,000円)
   ロ 畜産組合補助(7,000円)