既刊の紹介岡山県畜産史

第1編 総論

第3章 昭和前期における畜産の推移

第1節 家畜の飼養概況

 昭和前期における岡山県の畜産の全国的地位の一端をうかがうよすがとして,昭和7年(1932)における各家畜の飼養頭数等を表示すれば表3−1−1のとおりである。
 昭和4年(1929)における岡山県の畜産価額は,表3−1−2のように見積られている(岡山県内務部(昭和6年)の『岡山県畜産要覧』)。これを見れば,当時の農村不況により,大正年代のそれより減少していることが分かる。
 昭和元年(1926)から15年(1940)まで5年おきに,畜産の総生産額,家畜飼養頭数とその生産頭数,乳肉卵の生産額を掲げれば表3−1−3のとおりである。また,昭和9年(1934)の「岡山県重要生産物番附」によれば,生産総額2億9,967万余円のうち,米が4,542万余円で東の横綱,錦織物が4,383万余円で西の横綱を張り,以下表3−1−4のとおりで,畜産物は,鶏卵,牛出産,牛肉,牛乳の順に前頭にその名を連ねている。
 昭和初期の農業恐慌に当たり,昭和6年(1931)に「有畜農業奨励規則」(農林省令第16号)が公布され,いわゆる有畜農業の推進による農家経済の建て直しが企図された。この時代には,和牛(畜牛)改良組合などの任意の畜産小組合が,町村あるいは部落単位に数多く結成されていた。結成年別に見れば,大正末期3組合,昭和に入って,2年5組合,3年4組合,4年15組合,5年17組合,6年15組合という状況であった。小組合の行なう事業は,牛の品評会,批評会,研究調査,講習講話会の開催,資金の融通,飼料の共同購入,理想的な繁殖,産牛評価,鑑定,牛籍登録,牝牛生産に関する表彰,系統の調査,削蹄,不良牛の淘汰と良牛の保留,牧場の施設,共同貯金,牛乳の共同輸送,能力検定,種牝牛の購入飼養,種付の励行,血統登録,去勢の励行,経済調査,健康診断,畜牛改良,治療組合施設,糴売(てきばい)の励行,飼養管理品評会の開催,種牡豚の設置,豚の共同販売,養鶏飼料の共同購入,鶏卵の共同販売等の事業となっていた。昭和9年(1934)5月末現在における畜産小組合を,郡市別に見れば表3−1−5のとおりで,このころになると,有畜農業組合その他各家畜ごとの組合というように,多岐にわたる様相を呈していて,これにより当時の各家畜の地域的な分布状況もある程度想像できよう。