既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第1章 酪農の発展

第5節 生乳の需給

2.昭和初期における生乳の需給

 昭和9年(1934)の本県の乳用牛は,大部分ホルスタイン種で,総頭数3,620頭で生乳1万4,142石を生産していた。乳用牛は主として県南に集中して,邑久・浅口・小田・岡山・和気の諸郡市に多く北部は牛乳屋に限られていた。
 山陽煉乳株式会社か,邑久郡産業組合処理場に近い酪農家は,搾乳して生乳を工場に販売した。当時会社の買入価格は,1升につき11銭であった。前者は1日約13石,後者は約3石の処理能力を持っていた。昭和8年(1933)の実績では,煉乳65万6,000斤,バター6,339斤を製造している。