既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第1章 酪農の発展

第6節 酪農の指導機関と組合の発達

2.団体等指導機関とその変遷

(1)岡山県畜産会

 明治36年(1903)県補助300円を得て,岡山県畜産会が結成された。明治45年(1912)に乳牛,乳製品の研究のため岩手県の小岩井農場と北海道の農商務省月寒種畜牧場に奥山吉備男を派遣して乳業について研修させた。また,大正2年(1913)には煉乳事業創設準備会を組織し,既述のような意見書を発表した。

(2)社団法人岡山県畜産会

 第二次世界大戦後,いよいよ本格的に畜産振興が図られるようになり,社団法人中央畜産会の設立に応じて,県内の畜産指導組織の整備強化を図る目的をもって,社団法人岡山県畜産会(初代会長大河寅蔵)が昭和30年(1955)12月19日に設立された。正会員は,岡山県酪農協会,岡山県畜産農業協同組合連合会(県酪連),岡山県養鶏農業協同組合連合会(県養鶏連),岡山県養鶏協会,岡山県養蜂農業協同組合,岡山県養豚農業協同組合,岡山県農業共済組合連合会(県共済連)および岡山県獣医師会であった。このほか準会員として岡山県鑑別師倶楽部,岡山県家畜商協会,岡山県孵卵協会があった。この会は畜産関係指導機関の縦割りの指導を統合し調整して,畜産経営の診断指導をおもな業務として現在に至っている。

(3)財団法人中国四国酪農大学校

 昭和40年(1965)11月10日,中国四国および兵庫の各県は,基金を積み立て,財団法人組織による中国四国酪農大学校を真庭郡川上村西茅部632に創設した。この学校は,岡山県立酪農大学校の施設と,三木原にあった岡山県乳牛育成場の施設をそのまま譲りうけ,酪農の近代化のために,科学的知識と高度な技術を身につけて,企業的実践能力をもった優れた酪農自営者を養成することを目的とした。111.38ヘクタールで,広大な草地に2つの牧場を有し,昭和53年(1978)には,主な施設は本館,第1および第2研修センター,男子寮および女子寮,体育館,職員公舎,牛舎,ロータリーパーラー(12頭搾乳),気密サイロ150トン容2(第2牧場)および100トン容1(第1牧場)等である。第1牧場にはホルスタイン種62頭(昭和53年度末)を繋養し,粗飼料刈取給与方式の経営を,第2牧場にはジャージー種155頭(昭和53年度末)を繋養して,大型の放牧方式の経営を,それぞれの特徴を以て経営している。これらの牧場では近代的施設と,大型機械を利用して,実習を主体とした教育が行なわれている。教育期間は2カ年で,1年間は校内研修とし,残り1年間は校外研修を行なっている。募集人員は毎年40名で,主体は中国四国および兵庫県の在住者を対象としている。
 教育陣容は,昭和53年度末現在で,校長1(岡山県農林部長兼務 非常勤)のほか,副校長をはじめ20名(総務部を含む)である。
 昭和42年(1967)4月10日,本県において植樹祭が挙行されたとき,両陛下の行幸があり,松のお手播の行事が行なわれたことは既述したとおりである。