既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第2章 和牛(肉用牛)の変遷

第1節 総説

2.明治年代における和牛の飼養

 明治年代から大正初期にかけては,洋種の導入により雑種生産の行なわれた時代である。また,明治10年(1877)ごろまでは,和牛から搾乳して乳用に供したものである。従って,「和牛」というよりも,むしろ「畜牛」と呼ぶほうが適当な時代であった。
 畜牛は,岡山県の重要物産であって,明治中期には,ほぼ9万頭前後で推移していたが,日露戦役(明治37年)の勃発により,一時食いつぶし現象が起り,8万頭余りに減少している。岡山県の牛の飼養頭数は,全国的にたえずトップグループに属していて,その飼養密度も高かったことが,表2−1−1と表2−1−2により証明できる。

 明治年代になると,畜牛改良のため,外国種を導入して雑種を生産することが奨励されたが,岡山県においては,これに対してむしろ消極的であった。このことは,表2−1−3によっても分かる。

 用途別頭数の一例は,表2−1−4のとおりで,岡山県の場合は,牡は農用または繁殖用が多く,役専用の牡は多く農耕用に供されたことが分かる。
 明治中期以降になると,畜産団体の強化育成の必要性から,33年(1900)産牛馬組合法(法律第20号)が制定され,牛馬生産の中核となり,牛馬の改良増殖の末端組織として,各郡市単位に産牛馬組合が設立されるようになった。県や郡もこれに補助金を交付して,間接的に畜産奨励を行なった。
 明治44年(1911)末現在における郡市別畜牛頭数は表2−1−5のとおりで,内国種の多い備中の中北部は,いわゆる和牛の主産地であり,県南部および苫田郡を中心とする作州地域は,乳用目的の雑種の比率が比較的高かった。