既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第2章 和牛(肉用牛)の変遷

第4節 和牛の子牛生産と育成

3 明治,大正年代から昭和前期までの和牛の飼いかた

(2) 舎飼い

   1 夏飼期

 放牧しない地帯における夏飼期間の飼料の種類,給与量などはつぎのとおりであった。種牛の種類,畜牛の個体によって異なるが,たとえば,洋種とか雑種のように飼養管理に十分注意しなければならないような種類,一般牝牛の産後,あるいは種牡牛などにおいては,栄養率の狭いものを与えるけれども,飼育管理の比較的単純な,いいかえれば粗食に耐える和種においては,夏期間濃厚飼料を給与することはまれで,ことに,青草の豊富なところでは,特殊な愛牛家あるいは重役に従事させるもの以外は,濃厚飼料は全く給与しない場合が多かった。
 要するに和種,洋雑種ともに夏期間の主飼料は青草,しかも,ほとんどが野草であって,初夏紫雲英を栽培している地方では,これを給与していた。
 次に,主飼料の青草や副飼料の濃厚飼料を,どのくらい,どのようにして給与したかについて述べよう。青草は,ふつう切らないで長いまま給与した。しかし,愛畜家はこれを寸余に切断し,これに米糠や麦糠を混ぜて与えた。その給与量は,正確に計算することはむづかしい。なぜならば,県北地方,すなわち和牛の主産地においては,青草が比較的豊富にあるので,家畜が採食するしないにかかわらず投与し,一部は飼料とする一方,敷料としてきゅう肥を生産していたからである。しかし,推算すれば,紫雲英の場合12〜13貫(45〜49キログラム),青草の場合15貫(56キログラム)ぐらいであった。
 濃厚飼料として夏期給与するものは,麦,ふすま,糠,麦糠等が,普通のものであって,大豆,大豆粕,豆腐粕,米(屑米,小米)などを給与するものも少なくなかった。給与方法は,大麦または裸麦を半搗きとし,これをひき割り,または,煮沸して切草の上に散布し,または飲水に混じて給与した。その量は1日に1〜2升(1〜2キログラム余り)を普通とした。ふすまは,時に粗飼料にふりかけて与えたけれども,多くの場合,湯で泥状にし,さまして給与した。その量は1日3〜4升(2.3〜3キログラム)であった。米糠や麦糠も,給与方法,量ともふすまと同じであった。大豆は,温湯に浸漬し,膨大になったものを給与した。量は1日1升(1.3キログラム余り)内外であった。大豆粕は,短時間煮沸するか,または,温湯を注いで給与した。量は約1.5升(約1.3キログラム)であった。豆腐粕はそのまま与えるか,あるいは切草に散布して与えた。米は屑米,小米ともに煮沸して与え,その量は1.5升(約2キログラム)ぐらいであった。なお,糯米を給与するものがあったが,これは著しく衰弱した牛とか,離乳の早過ぎた子牛などに,強壮滋養の目的で,まれに給与するだけであった。
 その他,補給飼料として南瓜,馬鈴薯,甘藷蔓,生豆葉,玉蜀黍の茎葉などを給与する地方もあったが,その量は一定していなかった。南瓜,馬鈴薯は煮沸して与え,甘藷蔓,玉蜀黍の茎葉などは生食させた。なお,前述した濃厚飼料は,これらをすべて併給するものではなく,ぞの1,2を給与するだけであった。
 飲料は,米のとぎ汁(米しろ汁)および台所における食器の洗い汁がおもなもので,豆腐屋,麺類屋が近くにあるところでは,これらの製造の際生ずる汁液を与えた。いずれも,米糠,麦糠,ふすまなどを混じて撹拌して与えた。これらの飲料がないときは清水を与えた。給与回数は午前,午後の2回であった。

   2 冬飼期

 冬期間,飼料の種類および給与の方法と量は,次のとおりであった。
 主飼料は,藁および乾草であった。その給与方法は,備中北部ことに阿哲地方のように非常に粗放な飼い方をするところでは,ぞくに抛藁と称して切らないままの藁を与えるものがあったが,これは例外であって,多くは藁稈を寸余に細切し,これに同じように細切した乾草を混与するのが普通であった。
 なお,これに大豆葉や粟の茎葉の乾燥したものを混与するものがあった。乾草の豊富な地方では,それだけで飼育しているものもあった。この場合,多くは細切しないでそのまま与えるのをつねとした。
 藁や乾草の細切したものを給与するときは,これらを,底に小さい穴をあけた樽,あるいは,ざる(笊)にいっぱい詰め,これに熱湯か清水を注いで軟らかくし,水を除去したものに糠,麦糠,ふすまなどを散布して,1日4〜5回給与した。
 愛畜家は,細切した飼料に熱湯を注ぎ,手でこれを十分もみほぐしつつかきまぜて,やわらかくして糠やふすまをまぶして給与した。給与量は,地方により,また,牛の大小により違うが,藁は1日3〜5貫(約11〜19キログラム),乾草は500〜600匁(2キログラム前後)が普通であった。もし,乾草が豊富にある場合,または,乾草だけで飼う場合は,2.5〜3.0貫(9〜11キログラム)を必要とした。藁だけで飼養する場合は,前述の量より多く要することはいうまでもない。なお,この他に混与するものに大根葉,,乾甘藷蔓,大豆茎葉および粟稈などがあり,いずれも細切して藁や乾草に混じて与えた。
 冬飼いの主飼料は,乾草や藁であるから,濃厚飼料は,夏飼期に与えるよりわずかにその量を多くした。しかし,冬期は一般に使役しなかったので,栄養率は比較的狭くなくてもよかった。

   3 運動および管理方法

 放牧中は,牛が食を求めて歩き回ることでよい運動になり,四肢および蹄の発育上最も有効であった。
 舎飼いのものは,夏期は日没後,もしくは日の出前に,路傍や畦畔などに引き出し,運動を課し,また,生草を菜食させた。大暑の候には,午後6時ごろから10時ごろまで舎外に出し,牛を舎内の熱苦しさから解放すると同時に,運動もさせた。また,朝草刈りのとき運動と採食とをかねて牛を同伴するものがあった。ことに青草の豊富なところでは,この朝草の運搬に牛の背を借りれば,別に運動を課さなくてもよかった。
 冬飼期には,一般に運動不足になりがちであったので,運動とともに蹄に付着した汚物を洗い流す目的をもって,「川入れ」と称して近くの川,池,溝などに追いこんだ。なお,曳運動を行ない,あるいは,暖かい日には長い縄で杭につなぎ,任意に運動させることもあった。
 その他の管理について,愛養家は,周到な注意をもって,牛の皮膚や蹄を清潔に保つため,手入れを行なった。普通は金櫛,毛櫛をもって皮膚を清拭したが,竹箒をもって皮垢を除くだけのものも多かった。蹄に付着した汚物は,前述した「川入れ」によって除去した。
 夏期は蚊の襲来を防ぐため,蓬,木屑,除虫菊などをくすぶらせ,あるいは,蚊や蝿が牛体に群集するのを防ぐ目的で,きゅう舎の天井から小松樹を吊して,たえず牛体にふれるようにし,尻尾をもって追い払えない部分の蚊や蝿を防ぐようにした。
 冬期においては,防寒の手段として蓆または,毛布などで牛体を包んでやるものもあった。
 前述の飼養管理方法は,ほとんどそのまま,昭和10年代までの一般農家における和牛の繁殖および育成についての飼養管理とみられるので,標題を「明治年代から昭和初期までの和牛の飼い方」とすることもできる。