既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第3章 養豚の進展

第1節 養豚事業の変遷

2.品種の変遷

 本県の豚の統計資料に現われた最初のものは,明治33年(1900)の63頭である。当時どのような品種が飼われていたかについては記録が見当たらない。
 明治政府はわが国の富国強兵策の一環として,西洋のすぐれた家畜を国内で速やかに増殖普及する目的で,明治33年(1900)に広島県七塚原に種牛牧場を設置して,イギリスから大ヨークシャー種,中ヨークシャー種,小ヨークシャー種,バークシャー種を輸入して,ここに繋養し,優良種豚の生産配布事業を行った。明治42年(1909)月寒種畜牧場渋谷分場にこれを移管して,この事業を続行した。本県にもこの種豚が数次にわたり導入されている。すなわち,明治37年(1904)岡山県種畜場が御津郡伊島村(現岡山市上伊福)に設置され,バークシャー種2頭(雄雌各1頭)を同種牛牧場から導入し飼育を開始している。この豚は直ちに繁殖に供されたが,同年度には都窪,吉備,浅口の諸郡などや近在の民間飼養雌豚への種付も行っている。ついで明治39年(1906)4月には,同牧場から中ヨークシャー種雌雄各1頭を導入し,これらは純粋繁殖のみでなく,両種による雑種豚の生産も併せて行った。このようにして同場で生産された種豚は,明治39年(1906)以降毎年度県下の飼育希望者に払い下げた。ちなみに昭和39年度にはバークシャー種7頭,40年度バークシャー種10頭,中ヨークシャー種2頭が岡山,御津,児島,都窪,浅口の各郡市に払い下げられ,繁殖に供されている。

 同場での種豚の繋養は,以後約10年間はバークシャー種を主体にT部中ヨークシャー種との交雑の生産も行い,県南部各地を主体に生産豚を払い下げた。これらは当時洋種として珍重され,基礎豚として繁殖に供された。
 県下の豚飼養頭数は,明治末年から第一次世界大戦の終る大正6年(1917)までは,ほぼ安定して500〜600頭の水準が続いている。このころの種畜場の繋養種豚は,大正8年(1919)まではバークシャー,中ヨークシャー種の両品種であったが,次第に後者の比重が高くなって,同9年(1920)以降はバークシャー種は姿を消し,中ヨークシャー種のみとなっいる。
 大正年代の飼養品種についても,資料が少なく詳らかでないが,明治初年以来のいわゆる内種と呼ばれた雑駁な在来豚と,洋種としてのバークシャー種及び中ヨークシャー種,さらに両種の交雑種のいわゆる雑種豚が混在して飼養されていたものと推定される。
 当時の種畜場での交雑は,バークシャー種雌に中ヨークシャー種雄を交配する形が主であったようで,毛色は白色で,遺伝的に中ヨークシャー種の白が優位となって現われ,飼養農家での交雑が進むにつれて黒色が消滅し,白色の中ヨークシャー種に置きかえられていったことが容易に想像できる。さらに,同種が中型豚で繁殖容易で飼いやすく,当時の零細農家の経営条件に適合し,肉需要の面でも生肉主体の消費型に見合ったポーク型であったことなどによるものと思われる。
 大正から昭和初期にわたる豚の飼養は,4〜5年を周期として増減を繰り返しながらも漸増を続け,昭和13年(1938)には,戦前における最高の8,900頭を記録したが,第二次大戦の推移とともに激減し,敗戦による潰滅期を経て,戦後の昭和30年代前半までの回復期をたどるのであるが,この間昭和24年(1949)2月1日現在における豚飼養頭数3,542頭の品種別頭数は,ヨークシャー種が3,228頭と圧倒的に多く,バークシャー種131頭,その他183頭(『岡山県統計年報』)となっていた。戦前における一部での大型豚の移入や,戦後昭和33年(1958)ごろまでにもバークシャー種,デュロック種などが僅かにみられることもあったが,いずれも定着する間もなく消滅している。
 わが国の養豚が,ランドレース種を初めとする大型種時代を迎えたの,昭和37年(1962)からであるが,岡山県はそれより先,三木行治知事の英断により,昭和36年(1961)にスウェーデンからランドレース種豚を輸入することとし,同年10月19日に第1陣として雄1頭および雌4頭が空路輸入され,県酪農試験場に到着し,同年度に合計30頭が導入され,ランドレース種豚の生産業務が開始された。 
 時あたかも日本経済の急成長時代を迎え,農業基本法の制定(昭和36年,法律第127号)とともに農業にも明るい展望が開けた時期で,昭和37年(1962)以後全国的にランドレース種の飼養熱が急激に高まり,輸入ラッシュの観を呈した。このようにして,本県においても大型豚のもつ能力的な優位性や,豚肉需要情勢の変化などから急速に普及し,従来の中ヨークシャー種への交雑なども試みられながら,次第にランドレース種が主要品種となり,さらに昭和40年代には,大ヨークシャー種,ハンプシャー種,さいでデュロック種が導入され,肉質改善をめざしてこれらが交配され,一代雑種や三元雑種が一般に普及しはじめ,いわゆる雑種時代を迎えた。
 昭和50年(1975)ごろからは,さらにランドレース種(L)の雌に大ヨークシャー種(W)雄を交配したL・Wの雌を母豚に,ハンプシャー種(H)又は,デュロック種(D)の雄を交配する雑種強勢を応用した三元雑種の方式が主流として定着してきた。(表3−1−10参照)