既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第3章 養豚の進展

第3節 養豚経営の発達

1 第二次世界大戦前の養豚経営

 本県において養豚が統計資料に現われたのは,明治33年(1900)の63頭が最初である。明治27年〜8年(1894−95)の日清戦争以後の諸産業の勃興とともに,軍用食糧や国民体位向上のために食肉生産の重要性が強く認識され,政府の積極的な振興策もあり,明治中葉以降全国的に急速に養豚が普及したわけであるが,本県でも30年代の前半から,新しい家畜として,一般農家での飼養が始まったことがうかがえる。
 明治5年(1872)には,京都,大阪方面に横浜から多くの豚が運ばれ,養豚が流行し,豚肉の販売も行われたといわれている。鳥取県においても,明治21年(1888)に倉吉農学校にバークシャー種導入の記録があり,兵庫県においても明治27年(1894)に1,000頭以上の豚の屠殺があったといわれている。
 当時の飼養規模は,1戸当たり1.5〜2頭程度で,その飼料も農場副産物の糠類,野菜屑あるいは厨芥や,都市周辺では,料理屋,旅館の残飯類などがおもに利用されていた。
 明治37年(1904)に御津郡伊島村(現岡山市)に設置された岡山県種畜場には,同年から当時新品種であったバークシャー種々豚を,翌38年(1905)にはヨークシャー種豚を併せて飼養して,生産子豚の払下げを毎年度行い,一般での飼育を奨励したが,開場から昭和2年(1927)に至る24年間には表3−3−1のように累計409頭の払下げを行っている。なお,この間明治39年(1906)に県立商業学校,同40年(1907)県立師範学校,同41年(1908)には勝田郡英田郡組合立農林学校(現勝間田農林高校)へそれぞれバークシャー種豚の払下げを行い,教育機関を通じての啓発,普及を図っている。

 明治38年(1905)の岡山県種畜場でのバークシャー種成豚への給与飼料の標準は,ふすま1.2キログラム,大麦1.05キログラム,麦糠1.8リットル,塩3勺がおもなもので,これに根菜類,馬鈴しょ,甘藷を加えたものであった。大正初期,当時入手容易であった醤油粕も一般に多く用いられていたようである。
 このように,揺らん期の養豚は給与飼料の不安定な,いわゆる粕養豚であり,飼育管理技術も未熟で,豚舎は軒下や堀立小屋程度の簡易なものであるなど,零細で不備な条件下での飼養が多かったものとみられる。このことは,飼養品種が明治末葉から大正中期にかけて,はじめ在来雑種豚やバークシャー種から,次第に性質温順で繁殖しやすい中ヨークシャー種へと移行していく要因ともった。
 『小田郡の畜産』によれば,大正10年(1921)の小田郡下の養豚の沿革と現況についてつぎのとおり述べ,大正元年(1912)の2頭から同9年(1920)の140頭にいたった同地区の養豚事情を紹介している。すなわち,「豚は古来飼養の習慣なかりしが,近頃肉食の盛んなると飼育の容易なるとにより,漸次飼養者増加するに至った。その主産地は吉田,新山等で,種類は多くヨークシャー種である。しかして別に奨励的の施設はないが,経済的の飼料を用いてこれが普及を計れば,将来副業として大いに望みがある。」と。
 また,当時の豚の発育成績については明らかな資料がないが,昭和3年(1928)の岡山県種畜場での混合資料給与試験における中ヨークシャー種の発育が,生後328日齢で90キログラム程度であったのを見ても,一般農家のものはこれよりかなり発育が劣っていたものと想像される。
 明治後期以降の豚飼育頭数の推移をみると,明治から大正期を経て昭和初期にかけては,3〜5年の景気変動による増減の波を繰り返しながら,次第に増加をみている。しかし,飼養規模はその間を通じ極めて零細で,1戸当たり平均頭数は大正10年(1921)3.3頭,昭和5年(1930)3.2頭,戦前最高頭数に達した昭和13年(1938)にも3.1頭に過ぎず,全般的には投機的な要素をはらみながら,堆肥生産を兼ねた副業的なものが大部分であったとみられる。