既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第4章 養鶏の発達

第1節 概説

2.明治・大正年代の養鶏

 この時代の養鶏は,いわゆる副業的養鶏というべきものであって,農家の庭先で,雄鶏1羽と雌鶏2〜3羽を飼う程度のものが多かった。そして2〜3日に1個程度,産卵したものを,1週間か10日間蓄えて置いて,これを販売し,農家の副収入としたものである。副収入といっても明治20年代に米価が1キログラム当たり2銭3厘のとき,鶏卵は1キログラム当たり20銭前後であったので,上手に飼っている人にとっては大きな現金収入であった。
 このため,行政機関や郡農会などは積極的に奨励を行なった。そして,次第に飼育羽数も多くなり,産業的な経営型態となり,県下でも各地で養鶏組合が結成されたり家禽共進会を行なうなどして,産卵能力の向上につとめている。無論家禽共進会で入賞した鶏や,その鶏が産卵した種卵は高価に販売できたので投機的に行なわれた面もあった。
 孵化は,母鶏孵化を行なっていたので,同時に多くの雛を孵化させることが困難であったことから,やがて人工孵化に着目するようになった。岡山県で最初に人工孵化を行なったのは,邑久郡牛窓町の山本又一であるとされている。明治36年(1903)ごろ大阪で孵卵技術を習得し,岡山に帰ってから孵卵事業を行なうとともに,人工孵化技術の普及に努めたといわれている。
 明治41年(1908)からは,岡山県農事試験場に種禽園を設け,種卵の払下げを行なっている。この年の県内における飼育戸数は6万461戸で、雌鶏が18万7,264羽飼われていたので,1戸当たり平均3羽となり,1羽1年間の産卵個数は平均108個であった。生産された鶏卵は,東京・大阪方面にも出荷されていた。
 大正年代に入ってからも,明治年代と大差ない状況で推移しているが,大正11年(1922)には成鶏雌羽数が30万羽となり,産業的な性格が強くなってきたことなどから,岡山県知事の指示により,各地の郡農会が家禽市場を設け,鶏卵や鶏の取引きを行っていた。そして京阪神方面に年間500トン程度の鶏卵を出荷していた。
 一方では,老廃鶏は食肉として活用し,1羽1円ぐらいで,神戸・京都方面に年間5〜7万羽程度を出荷していた。
 大正13年(1924)には,岡山県種畜場で鶏卵の貯蔵試験が行なわれている。当時は飼育管理技術が進歩していなかったので,春季に産卵が集中し,夏季から秋季にかけては産卵が少なかった。このため8〜12月ごろに卵価が著しく高騰していたので,卵価の高い時期まで卵を貯える方法を試験したのである。生石灰飽和液の上澄液に卵を入れ,涼しい場所に静置すると,半年ぐらいの貯蔵に耐えた。この試験から順次,雛の発育,雄雛の肥育,鶏肉の貯蔵などの試験へと進展して行った。