既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第4章 養鶏の発達

第3節 鶏の改良

1.県施設における改良繁殖

 明治初期の鶏の改良繁殖は,主として民間の個人や団体などの手によって,種鶏の輸入が盛んに行なわれ,明治22〜23年(1889〜90)ごろには外国種の極端な流行現象がみられるようになった。しかし,当時は一般に鶏の能力改良に対する知識も乏しく,その上外国種も飽和状態に達して恐慌に襲われ,これらの大半は廃業した。そして残ったものは専業として養鶏界に1つの分野を作った。明治24年(1891)には,わが国ではじめての家禽標準である家禽審判法が発行された。当時はこれが家禽品評会の審査標準として利用された。大正8年(1919)には中央畜産会により,また,第二次世界大戦後の昭和27年(1952)には日本養鶏協会から,それぞれ家禽標準が発行され,品評会・共進会の審査標準に利用されるとともに,鶏改良のよりどころとなった。
 この時代における鶏の改良施設に,明治39年(1906)6月,農商務省が東京市郊外渋谷村に月寒種牛場渋谷分場として設置した種禽種豚所があった。ここでは明治39年(1906)から大正4年(1915)までの間,アメリカおよびイギリスからレグホーン,プリマスロック,ワイアンドット,ミノルカ,アンダルシャン,ハンバーグ,オーピントン及びランシャンの種鶏約1,000羽を輸入して改良を行ない,主として府県農業試験場,農学校および農会に対して種鶏,種卵の払下げ業務を行なった。同所は,大正6年(1917)に国の機関として,千葉市に創設された畜産試験場に合併されたが,この種の事業は,わが国の養鶏に関する施策のはじまりであり,これによって府県も養鶏に対する関心が高まり,ほとんどの府県で種鶏,鶏卵の払下げ業務が開始されるようになった。

(1)岡山県立農事試験場時代

 明治34年(1901)4月1日吉備郡高松町に,県立農事試験場が設立された。明治41年(1908)同試験場では,これまでの作物,園芸など多くの試験研究業務の1部に養鶏を取り入れ,種卵の配布を開始した。本県の県施設における養鶏業務は同試験場が最初に行ったわけである。当初導入した種鶏は単冠白色レグホーン,アンダルシャン,横斑プリマスロックの3種類で,導入先は前記農商務省月寒種牛場渋谷分場であった。初年度である明治41年度末の種鶏羽数は2羽の合計10羽であって,同年度の種卵配布個数は151個であった。
 その後,明治42年(1909)には,新たに褐色レグホーン,オーピントン,黒色ミノルカを,44年(1911)には淡色エーコクを,さらに大正4年(1915)には名古屋コーチンを導入し,その生産した種卵は県内の希望者に配布した。その年次別数量は表4−3−2のとおりである。当時飼育されたこれらの導入種鶏の産卵能力は,昭和20年代以降の実用鶏と対比するとかなり劣っているが,単冠白色レグホーン,褐色レグホーン,名古屋コーチンなどは,当時としてはむしろ好成績であったことがうかがえる。
 明治41年(1908)から同場でおこなってきた種卵の払下げ業務も,大正11年(1922)までの15年間で廃止し,その後は岡山県種畜場がこれを引きつぐことになった。