既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第4章 養鶏の発達

第3節 鶏の改良

1.県施設における改良繁殖

(3)全盛時代の国産鶏

 第二次世界大戦により,海外からの種鶏輸入は困難となったが,それまでに国,県,民間においてそれぞれ保持した優良系統を系統保存し,改良を加えて行った。飼料事情の好転したこともあって種鶏の能力も昭和20年代半ばから著しく向上していった。
 岡山種畜場は,昭和24年(1949)に岡山市上伊福から御津郡牧石村(現岡山市)へ,さらに昭和31年(1956)には岡山市田中地先(現岡山市平田)へ,養鶏試験場として移転して養鶏業務を引継いだが,これを機に国の内外から優良系統の導入を図った。国内では兵庫,岡崎,大宮,熊本の農林省種畜牧場および山口県種鶏場から,それに加えて民間からは,宮城県岩谷種鶏場からそれぞれ白色レグホン種を導入し,また,アメリカのパーメリーおよびマウントフェア農場から横斑プリマスロックの種卵を輸入した。これらの各系統は,以後10余年にわたって系統保存され,種卵・種雛は県内の民間種鶏場へ払い下げられ,昭和30年代から急速に多羽数化した養鶏産業に対し,初生雛供給の役割りを果した。とくに,この時代はバタリー養鶏が普及した時代であって,採卵後の廃鶏は有利に販売できたため,体重の大きい一代雑種に養鶏家の人気が高まり,民間種鶏では一代雑種の生産に力が注がれた時代でもあった。
 昭和36・7年(1961〜62)ごろからは外国鶏の普及により,従来の国内保有系統の需要は衰退の一途をたどっていった。こうした中でも,養鶏試験場における鶏の改良事業は,地味ではあるが続行され,昭和40年(1965)にはアメリカのフォースゲート農場から種雛150羽を輸入し,その性能を調査しつつ,系統を保持し,一方ではこれの種卵・種雛は一部民間種鶏場にも払い下げられていった。その性能は,従来の国内系統のそれより大きく優れていたのには驚かされたものである。その成績の1例を紹介すると,4月8日雌150羽の餌付けで,育成率95パーセント,初産日齢187日,初産体重1,662グラム,同卵重49グラムであり,産卵のピークは翌年3月に88.5パーセントを記録し,同月の1羽1日産卵量は52.2グラムという好成績であった。