既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第4章 養鶏の発達

第3節 鶏の改良

1.県施設における改良繁殖

(5)近年の種鶏改良

 前述のように昭和30年代後半から,外国種が普及するようになり,その結果,従来から国,県および民間施設で造成保持した種鶏の需要は低下していった。とくに,これまで比較的小規模ながら熱心に改良に努力してきた民間種鶏場は,廃業または採卵養鶏へと転向を余儀なくされた関係もあって,県施設からの種雛・種卵の払下げ数量は激減した。このような情勢下で,農林省は国産実用鶏の作出を企図し,その実施についての国,県,民間の役割分担を明確にした「鶏の改良組織」を計画し,その実現に努力が払われるようになった。
 養鶏試験場では,昭和46年(1971)に導入したコマーシャル系の交雑から得た系統を,表4−3−8のように,経済的諸形質の特色により6集団に分離し,優良遺伝子の集積をはかり,すぐれた性能を有する実用鶏を作出するための基礎系統を造成するよう努力が払われている。育種方法は,閉鎖群育種とし,部分記録により毎年選抜しており,選抜指標を初産日齢,産卵数,卵重および体重の4形質について設定している。農林省は,昭和51年度から,国産鶏改良事業の1つとして,都道府県の優良系統の利用を図っているが,岡山県養鶏試験場からは,K1及びK2の2系統が選定され,全国統一の選抜方式により改良が続けられている。