既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第4章 養鶏の発達

第4節 鶏についての試験研究

2 昭和20年代における試験研究

 終戦後の養鶏振興の第1歩は,飼養羽数の増加とともに優良鶏種を確保することにあったから,この年代には育種,繁殖,雛の払下げなどに主力が注がれていて,試験研究については,わずか3課題について行ったにすぎない。

  育雛法の比較

 この種の研究は,昭和23年(1948)に始められた。当時はまだ物資が不足している時代であったから,農村で入手しやすい材料を使った温床踏込育雛がとりあげられた。その結果は,温床踏込育雛は火災の心配はなく,実用的にも経済的にも有用な方法であるとした。

  抗生物質の効果

 抗生物質は細菌性疾病に対して特効をもっていることが知られていたが,昭和24年(1949)には雛の成長を促進する効果のあることが,外国で発見された。県種畜場はテトラサイクリン系抗生物質を種鶏に給与し,鶏体の保健衛生と産卵率の向上に有効であると,昭和28年(1953)に報告した。

  ホルモン剤の効果

 合性女性ホルモン剤を雄鶏の皮下に移植して肉質をよくしようとする研究が,昭和28年(1953)から行なわれた。古雄鶏については増体がよくなり,肉質と肉色は雌鶏のものににていた。若雄鶏は肥満度や脂肪の沈着状態が良好となり,燻製加工した製品は優良であると報告した。この種の研究は,県養鶏試験場が発足した当初にも行われており,昭和30年(1955)の前後にはホルモン剤の応用はかなり普及していた。