既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第4章 養鶏の発達

第4節 鶏についての試験研究

3 昭和30年代における試験研究

 この年代に入ってからケージ養鶏がわが国でも普及したため,ケージ飼いに適する飼料や環境の研究,飼養羽数の増加に対処する飼料資源や省力管理技術の開発,生産性の優れた鶏の育種など多くの研究が行なわれた。この間,昭和31年(1956)は,岡山種畜場が廃止されて,鶏について試験研究に専念するため養鶏試験場が誕生した年である。岡山大学農学部学術報告第13号(1959)には,岡山大学における鶏の研究の最初の成績が掲載された。民間では福田種鶏場が昭和36年(1961)に研究報告第1号を発刊した。

(1)飼育関係

  1 新資源の飼料化

 飼料中の大豆粕をパルプ酵母で代替する研究は,昭和30年(1955)に始まり,出口孝吉ら(岡山県養鶏試験場。以下岡山鶏試と略す)は種鶏用,産卵鶏用および雛用の飼料パルプ酵母を使用できると報告した。ついで,出口孝吉らは,なたね油粕を大豆粕の代替に用いることを,昭和34年から検討して,育雛用飼料に10パーセントのなたね油粕が配合できるとした。
 辛島忠ら(岡山鶏試)は,昭和31年(1956)に魚粉の入手難を緩和するため,イカの内臓を原料にしたフィッシュソリューブルの飼化試験,ついで,昭和32年(1957)には当時比較的安価に入手できる酒精廃液微生物処理飼料をふすまの代替にする試験を行い,いずれも鶏用飼料として使用できるとした。
 大西務ら(岡山鶏試)は,昭和34年(1959)に動物性油脂を育雛用飼料として用いることを検討して,動物性油脂は増体量と飼料要求率をよくすると報告した。
 マイロは,昭和30年代の後半になって養鶏用飼料として多く用いられるようになったが,養鶏用飼料としてマイロが有用であるとしたのは,昭和37年(1962)から一連の研究を行った須藤浩ら(岡山大学)の報告である。

  2 微量栄養素の給与

 各種ビタミンの給与効果と給与量等に関する研究は,昭和34年(1959)から始まり,出口孝吉ら(岡山鶏試)によって,孵化率,雛の発育,飼料要求率および産卵率等に対して好影響を及ぼすことが明らかにされた。
 炭酸カルシウム,第2燐酸カルシウム,硫酸マンガンなどの無機質の給与効果については,辛島忠ら(岡山鶏試)が昭和33年(1958)から一連の研究を行い,鶏に対する有用性を報告した。

  3 飼料添加物の効果

 この種の研究の始まりは昭和32年(1957)であって,多くの飼料添加物について検討がなされた。鶏に対して有効であったもののうちおもなものはつぎのとおりである。抗生物質あるいは類抗生物質の有効性は出口孝吉ら(岡山鶏試)および横江博通ら(福田種鶏場)の報告,コレステロールとアルギニンは出口孝吉ら,酵素とコバルトは青山寔ら(岡山鶏試)の報告がある。

  4 蛋白質とカロリー

 昭和32年(1957)辛島忠ら(岡山鶏試)によって行なわれた種鶏用飼料の検討が最初で,以後16課題の試験が実施された。種鶏用飼料については,粗蛋白質含量20パーセントの飼料が一般に使用されていたが,これを約17パーセントの粗蛋白質含量に落してもよいと報告した。青山寔らが行なった産卵鶏の蛋白質とカロリー要求量の研究は,農林省農業技術研究所との共同研究で,この成績は鶏の日本飼養標準を作成する資料となった。また,育成鶏やブロイラーの蛋白質とカロリー要求量については,内藤照章ら(岡山鶏試)が明らかにした。

  5 飼料給与法

 土肥光男ら(岡山鶏試)は,育成期の雛に飼料を飽食させることが,雛の消化器官の負担を大きくし,抗病性を低下させ,飼料要求率を悪くすると考え,育成期の飼料を量的あるいは質的に制限することを検討した。試験開始は昭和35年(1960)であった。その結果,体躯の小格な鶏が育成できて,この鶏は産卵期に入ってからの飼料要求率と産卵率がすぐれたと報告した。

図4-4-1 飼料分析室
提供:岡山県養鶏試験場(岡山市田中地先)