既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第4章 養鶏の発達

第4節 鶏についての試験研究

3 昭和30年代における試験研究

(4)育種及び繁殖関係

  1 異品種間交配

 採卵用鶏の作出については,出口孝吉ら(岡山鶏試)が昭和32年(1957)から白色レグホーン種と卵肉兼用種との交配により,生産された1代雑種は,雑種強勢による性能を発揮するであろうと報告した。
 ブロイラー用素雛を生産するための交配方式の検討は,昭和33年(1958)出口孝吉らによって始められた。これは白色レグホーン種と卵肉兼用種の交配によって生産された雄雛の産肉性の比較であったが,昭和39年(1960)からは伊藤俊一郎ら(福田種鶏場)が一方の親鶏に肉用種を用いて雛を生産し,この雛の産肉性がすぐれることを報告した。表4−4−5は内藤照章らの報告したもので,父鶏には卵肉兼用種と肉用種を用いたものである。

  2 種卵の採取

 土肥光男ら(岡山鶏試)は,ケージ飼いの種鶏から受精卵を採取するために,昭和35年(1960)から人工授精に関する一連の研究を行い,精液の採取法,精液の稀釈法および授精法などを明らかにした。大倉永治(岡山大学)は,自然交配において最初の配雄から受精卵が生産されるまでの日数,および雄を取り除いた後の受精卵の生産される日数を明らかにした。

図4-4-2 精液採取状況
提供:岡山県養鶏試験場(岡山市田中地先)