既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第4章 養鶏の発達

第4節 鶏についての試験研究

4 最近における試験研究

(3)衛生関係

  1 コクシジウム症の予防と治療

 山口公士ら(岡山鶏試)は,昭和43年(1968)にコクシジウム症の予防と治療とに対して有効な薬について,それらの使用法を明らかにした。

  2 ニューカッスル病の予防

 昭和40年代の初期に流行したニューカッスル病は,すでに死毒ワクチンをもって免疫を与えた鶏にも発症するという毒力の強いウイルスによるものであった。このため,鳥海徹ら(岡山鶏試),守屋進ら(岡山大学)は,昭和43年(1968)から生ワクチンを用いて,免疫効果のすぐれた接種法を検討した。最初の試験成績は,表4−4−12のとおり発病する鶏を認めたが,その後に行なった生ワクチンの噴霧接種法は,ほぼ完全に発病を防止できると報告した。続いて,伝染性気管支炎,鶏痘およびマレック病の各ワクチン効果についても検討して,昭和47年(1972)に鶏の総合ワクチン接種プログラムを発表した。

図4-4-4 ニューカッスルワクチンの噴霧接種

提供 岡山県養鶏試験場(岡山市田中地先)

  3 マレック病の予防

 マレック病が,わが国の養鶏界に脅威を与えるようになったのは昭和40年代に入ってからである。当初の本病の予防対策は,衛生的な飼養管理の徹底,隔離育雛,抗マレック病育種などが行なわれたが,いずれも十分な効果を現わさなかった。しかし,昭和45年(1970)に鳥海徹ら(岡山大学)が,ワクチン接種が本病予防に有効であると報告して以来,ワクチン接種は広く普及し,本病の発生は非常に少なくなった。