既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第5章 その他の家畜家禽

第3節 山羊

2 岡山県における山羊飼養

 岡山県における山羊飼養は,明治39年(1906)県種畜場で,ヌビア種山羊11頭を購入したのにはじまる。その後,ザーネン種を導入して改良繁殖に努めたが,大正9年(1920)に山羊飼養を廃止した。統計では明治40年(1907)にはじめて13頭(岡山市10頭および真庭郡3頭)の記録が見えている。その後,頭数は漸次増加し続けて,明治44年(1911)131頭,大正14年(1925)1,407頭,昭和8年(1933)1,360頭,昭和18年(1943)3,499頭となり,第二次世界大戦中も他の家畜のように減少することなく,24年(1949)には9,768頭と急増した。戦後の伸びはとくに著しく,32年(1957)には20,040頭と,最高を記録した。これは戦中戦後を通して自給的色彩の濃い農家経済のもとで,いわゆる有畜農業を背景としたものであった。その後は減少に転じ,構造政策の推進による農業近代化の中で,かなり急速な減少を示し,昭和39年(1964)には1万頭を割り,51年(1976)には1,220頭までに減少した。

  (1) 明治,大正年代における山羊飼養状況

 岡山県の場合,明治,大正年代の山羊飼養に関する記録は余り見当たらないが,明治の末期から飼育が始まっているようである。明治,大正年代は頭数も少なく,山羊飼養の揺籃時代というべきもので,品種も雑ぱくなもので,能力も低いものであった。
 山羊の地域的分布状態をみると,大正10年(1921)末には表5−3−2のように,邑久郡の飼養頭数が最高で,ついで浅口,和気の県南部に多く,県北部では久米,真庭両郡に多く飼われていた,とは言え総数はまだ,1,500頭にも達しなかった。
 この時代には山羊乳の搾乳販売を営業とするものがあったので,「山羊乳営業取締規則」(県令第84号)が,大正10年(1921)10月10日から施行されている。これによって山羊乳営業は県の認可事項として,業者を指導監督していた。昭和2年(1927)には搾乳販売営業者は14戸となり,搾乳山羊頭数147頭,搾乳量1ヵ年102石(19,125キログラム)であった。1頭当たりにすれば平均6斗9升(約129キログラム)で,極めて少ない搾乳量であった。その他一般には牛乳の供給不便な地方において,自家飲用のため飼養されていたのである。