既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第6章 牧野,飼料作物ならびに流通飼料

第2節 流通飼料

2.飼料事情の推移

(2)昭和初期

 昭和初期の農村恐慌に当たり,政府は,米作以外に農村収入を支えるものとして畜産を取りあげ,昭和6年(1931)「有畜農業奨励規則」(農林省令第16号)を公布して積極的に畜産振興を図った。
 とくに養鶏についてはこれに先立ち昭和2年(1927)「養鶏奨励規則」(省令第5号),「養鶏増殖10カ年計画」等を制定し,また,全国5カ所に国立種鶏場を設置し,種鶏の改良・種雛・種卵の生産配布,産卵能力検定,養鶏技術の伝習等を行ない,積極的に養鶏振興に努めた。また,同年4月「保税工場法」が制定され,輸入原料を使用した配混合飼料が無税となり,飼料需要の大きい養鶏業については飼養羽数の増加,卵価の低廉化が行なわれ,大正13年(1924)輸入卵の関税が復活されて以来,養鶏業は急激に発展し,都市近郊には大規模の専業養鶏も出現するようになった。これら養鶏を中心とした飼料の需要に対応して,各地に相ついで配合飼料工場ができ,その生産量は急増した。
 この時代における配混合飼料の生産量は,表6−2−2のとおりである。