既刊の紹介>畜産情報の活用

畜産情報の活用

はじめに

 急速に進む国際化のもと、これからの畜産経営は、労働、土地、資本の経営の三 要素に加え情報の活用による迅速な対応が不可欠となってきています。 しかし現状においては、畜産関係団体には有用な情報があるにもかかわらず、そ の利用は必ずしも十分とはいえず、有効な活用を目標に平成6年度より畜産振興 事業団(現農畜産振興事業団)、家畜改良事業団、中央酪農会議、中央畜産会に より畜産情報ネットーワーク作りが始められました。
 岡山県内においても、平成7年度より高度化促進事業で畜産情報のデータベース 化に取り組んで参りました。
 このような状況を踏まえて、岡山県畜産会では、利用者の増加、また、技術レベ ルの向上のため、本年度は県内各地で畜産情報の活用に関する研修会を行って参 りました。
 本書は、研修会資料を新たに再構成したもので、畜産の情報を有効活用したいと 思われる方への参考資料に加えていただければ幸いです。

平成9年3月

社団法人岡山県畜産会

畜産情報概論
畜産における情報ネットワーク
インターネットの利用
インターネットの利用方法について
ホームページの作成
この文書について...