既刊の紹介岡山県畜産史

第2編 各論

第1章 酪農の発展

第1節 酪農の展開

1.明治,大正年代の乳牛

(1)乳牛飼養のはじまり

 明治8年(1865)春,岡山ではじめての牛乳屋が,上垣源夫によって始められた。牛は在来の和牛1頭を用いて,病人用の乳を1日わずか5−6合搾ったに過ぎない(吉岡三平(昭和49年)の『岡山事物起源』)ちなみに,明治初年にはまだ乳専用の品種は飼われていなかった。また,明治年代から昭和初期までは,乳牛は搾乳業者か農家に飼われていたもので,農家の場合でも零細な副業的飼育に過ぎず,いわゆる酪農というにはほど遠い存在であった。
 元治(1864)年間から真島郡菅谷村(現勝山町)大字大杉に牧場を経営していた同郡見尾村(現勝山町)の池田類治郎(−1902)の輝かしい業績の数々については「池田類治郎履歴書(明治20年)」をはじめ,徴すべき文献も数多く見られる。その業績の概要については,第1編第2章に既述したとおりである。明治初年の政府の勧農政策による手厚い保護を受けて,大規模な牧場を経営し,外国乳用種ないし乳肉兼用種を導入することによって,在来の和牛を改良するというよりも,むしろ乳牛に近づけ,これを造成しようとしていたことがうかがわれる。岡山県における乳牛飼養のはじまりは,この大杉牧場に端を発したというべきであろう。池田類治郎は,また,明治14年(1881),岡山区に牛乳屋を開業していた時期もあった。
 池田家の先祖は,宇喜多直家の家臣で,知行1,000石取りであったが,関が原の戦で宇喜多家滅亡のあと,慶長5年(1600)美作国見尾村へ帰農したといわれ,代々庄屋をつとめていた地方豪農であった。池田類治郎は,生来英明で気宇壮大,研究心もあつく,企画実行力に優れ,地方指導者として作北山村における産業振興に活躍し,とくに,県令高崎五六(岡山県在任は,明治8年10月から17年12月まで)の信任を得て,牧牛事業に東奔西走した。
 翁は,大杉牧場の開牧,外国種牛の導入の外に牧牛会社を創設した。安政2年(1855)牧場開設を発起以来,明治13年(1880)6月までに,すでに私財2,500円を投入し,ついで同年7月から翌14年(1881)6月までの開牧費は8,803円50銭にものぼり,私力のみでは目的が達成できなかったので,政府に対し特別の援助を申請した。明治13年(1880)7月勧農局から金7,000円の融資をうけ,さらに地域農業者の出資を募り,合計100口,11,000円の資本金をもって牧牛会社を設立した。牧牛会社の概則書は13条からなっている。その中おもなものを挙げると次のとおりである。

 第1条 此ノ牧牛会社ハ先ヅ社員ノ利潤ヲ謀リ拡メテ国益トナスノ目的ナルカ故ニ諸事外見ヲ飾ラス専ラ実業ヲ励ミ実益ヲ起シ務メテ社中ノ公益ヲ起スヲ以テ本旨トス
 第2条 該社ハ創起ヨリ一二カ年ヲ以テ一期トス,故ニ締結ノ社員年期中自ラ請テ退社スルヲ免サス
 第4条 株金ノ中各自ノ都合ニ依リ牛ヲ以テ金ニ代エ入社ヲ請フモノアレハ社中ニ於テ相当ノ価ヲ定メ是ヲ免ルヘシ
 第6条 正副社長ハ社員公選ヲ以テ定メ取締ハ社員ノ一年ヲ限リ輪番ニテ勤ムヘシ
 第10条 会計ハ一年ヲ両度ニ分ケ一月ヨリ六月迄ヲ甲期トシ七月ヨリ一二月迄ヲ乙期トス毎期翌月一五日迄ニ取締ニ於テ勘定帳二冊ヲ製シ社長ニ出ス社長之ヲ翌月集議ノ時社員ニ示シ各員異存ナケレバ其ノ旨ヲ帳尾ニ明書シ記名調印シ尚社印ヲ用ヒテ割印ヲナシ一冊ハ区戸長ヘ出シ1冊ハ社長預リ置クヘシ
 なお,次のごとく資金調達のため県令に願書を提出している。

牧牛資本金拝借願

美作国真島郡見尾村

池田類治郎

 美作国真島郡菅谷村字大杉牧場之義は予て御保護を蒙り爾迫々繁殖盛大に立到此上一層之拡張を企て候得共兎角資本に乏く実に慷慨に不得止依之明治12年の歳事2月中資本金弐万円拝借之義上願仕置候処国産興起之素志御洞察之上今般出格之御酌量を以金七千円御貸下之御指令被為成下難有仕合奉仕存候依て牛繁殖方右金員高に応し計算書調製奉差上候間何卒至急御貸下被為下候様奉懇願候也

明治13年11月5日

美作国真島郡見尾村

池田類治郎

戸長 八木与三治

岡山県令 高崎五六殿

前書願之趣相違無之候に付御聞屈相成度奥書進達致候也
明治13年11月6日
真嶋郡長 山田嘉平

 大杉牧場の外,次のように洋種牛が岡山県へも導入されている。
 短角種は,明治8年(1875)英国からわが国へ初めて輸入されたもので,同10年(1877)にはすでに本県に移入され,乳用牛として繁殖されていた。また,他府県から子牛を購入し,これを育成した上で,京都,大阪,神戸方面に乳牛として販売する道を開き,頭数も増えた。しかし,明治30年(1897)ごろ,乳専用種であるエアーシャー種やホルスタイン種が移入されるようになると,体格が大きくむしろ肉用タイプの本種は,その乳量がこれら2者に及ばないので,次第に頭数が減少していった。
 ホルスタイン種は,明治21年(1888)初めてオランダから輸入せられたものである。本県に移入されたのは,浅口郡大島村(現笠岡市)の秋田馬太が明治26年(1893)に石川県金沢の水戸牧場から購入したと伝えられ,仁科小太郎が28年(1895)に広島市の某から購入(当時,広島在住の外人が,飼養していたホルスタイン種を,帰国するに当たり同地に売却したものを繁殖したものである,と仁科は伝えていた)したと伝えられる。後藤秋平は明治29年(1896)に大阪からその雑種を邑久郡地方に移入した。岡山県自体は,明治29年(1896)に,当時の県獣医秋山直三,橋本正等が,北海道および石川県に出張して購入したのがはじめてであった。これらを上房郡松山村(現高梁市)の柳井重宣,苫田郡泉村(現奥津町)の小牧重郎外数名および同郡奥津村(現奥津町)の牧野又一郎等が飼養した。
 ホルスタイン種は当時,能力は優れているが乳質が悪いという風評がたち,一時非難の声が起こった。その後乳質について正しく認識されるようになり,飼養者は年々増加していった。しかしながら,大正初期ごろから,次第に飼養頭数が減少していった。その後,同11年(1922)に岡山煉乳株式会社の創立とともに,再び増加の趨勢を示した。
 エアーシャー種は,明治19年(1886)に北米合衆国から初めて輸入せられたものである。岡山県自体が移入したのは,前述のホルスタイン種と同時に,石川県から購入せられたものを,和気郡日笠村(現和気町)の櫻井弥寿二,都窪郡倉敷町(現倉敷市)の木村和吉,岡山市の中川横太郎の3人が飼養したのが初めてである。本種も,前者と同様,和気郡においてはすでに早くから(明治17年ごろ)移入せられていたといわれる。秋田馬太もそれ以前に,山口県からエアーシャー種を購入したとも言われている。
 本県におけるエアーシャー種は,前記のように木村・中川等の搾乳業者に飼養せられたものの外,櫻井弥寿二によって,和気郡日笠村(現和気町)で飼養されたものが,次第に一般農家にも普及し,その頭数も漸次増加した。しかし,明治43年(1910)ごろに至って,ホルスタイン種が乳量が多く好評となったため,エアーシャー種は次第に減少していった。
 デボン種を日本に最初に輸入したのは,明治8年(1875)で,本県には同11年(1878)に池田類治郎が,勧農局から借り入れたので最初である。同15年(1882)には,川上郡の中村富三郎等が,1頭借り受けたこがある。また同29年(1896)に,仁科小太郎は,広島浅野候経営の牧場から購入したことがある。これも大きな経営には発展しなかった。
 ブラウンスイス種は,明治34年(1901)の輸入である。本県へは,同40年(1907)ごろ,時の知事・寺田祐之が,前任地鳥取県で,本種を奨励した関係上,本県にこれを移入奨励しようとして,県で2頭を購入し,同時に秋田馬太もまた1頭を購入した。しかし本種は,役乳兼用種であって,体躯が過大で,性質が鈍重であったため,役用種しては和牛におとり,乳用種としては育成地である本県に適さず,ついに増殖しなかった。
 シンメンタール種も,少数の移入をみたが,ほとんど前者と同一事情のめたに,その普及を見ずに終わった。

(2)地方別の乳牛飼養

 岡山県の乳牛発達の跡を地方別にみると,はじめ真庭郡に移入せられ,次に津山地方,および川上郡に移入せられた。しかし,元来同地方は,和牛の産地であったためと,交通運輸の便が悪かったことなども手伝って,ついにその発達を見なかった。むしろ,和牛の育成地であった県南部の邑久,上道,和気,小田,浅口の諸郡に,その発達を見た。
 これら県南地方においては,従来は役用として和牛を育成し,京阪神方面に移出していたが,京阪神地方に牛乳の需要が増加し,搾乳事業が有利となるに及び,この地方の搾乳業者に乳牛を供給することが利益のある事業であるということが,県南地方の関係者の間に知られ,この事業に従事するものが増えて来て,それまで和牛を育成していた者に乳牛を育成させ,妊娠牛として,分娩間際に搾乳業者に供給することにした。これによって育成者は,和牛の育成に比べ,多くの利益が得られ,搾乳業者も便利であったことから,売買斡旋をする牛馬商は多大の利益を得た。またこの上,県下から阪神地方に移住して,搾乳事業を経営するものも続出したので,一層この関係が密接になった。当時,邑久郡地方の出身者で,京阪地方で牧場を経営していた者は数10名もあった。いつの時代においてもそうであるが,誠意のある牛馬商人の有無は,その地方の畜産の発達に大きく影響した。備中では仁科小太郎,秋田兄弟および石井らがおり,備前には岡本太市,岡崎佐次郎らがいて,熱心に斡旋に努めた。またこれらの地方には畑地が多く,とくに邑久郡地方では,農家1戸当たりの耕作反別は,小田郡地方より広く,作物の中で馬鈴薯,南瓜等の飼料になる作物が多かった。また資力にも余裕があって,自己資本で牛を買ったこと,また輸送機関は両者ともに港湾があり,水陸の便がよかったけれども,その利用については,邑久郡地方が有利であったこと等から,備前地方が先に酪農が盛んになった。そして備中より先に備前に煉乳工場が創設されたのである。 

 1 美作地方

 池田類治郎は元治(1864)年間から真島郡管谷村(現勝山町)字大杉に大杉牧場を経営し,明治10年(1877),米国産短角種雌雄2頭を借り受けた。最初に借り受けた2頭は,借用期間2年の内に,純粋種1頭と,雑種7頭を生産した。ところがその発育の速いことと,骨格の美しいことが,在来の和種に比べて著しく優れていて,人の目を驚かせた。その後,遂年種牛を借り受けて改良繁殖に努めたが,ついに資金が不足してきたので,明治13年(1880)に政府に請願して7,000円を借り受けた。
 当時同人が借り受けた種牛は表1−1−1のとおりであった。このほかに,明治11年(1878)に借り受けたデボン種は,その年に斃死した。

 大杉牧場は,このように盛況を呈し,他郡から種付けを求めるものも少なくなかった。しかしその後,同地に伝染病が発生して,続々斃死するものが出た。また冬期間の飼養が困難なことを理由に,明治16年(1883)に,県は邑久郡裳掛村(現邑久町)長島の国有林を借り受けて,同人に貸与した。同17年(1884)に,満期のめた,以後は本人が直接借り受けた。当時の模様を知る古老の言を借りると,同牧場の放牧頭数は,30〜50頭位であって,そのうち洋種が雌雄2頭おり,他はみな雑種牛であった。和種に洋種を交配して,雑種を生産しようとしたが,実際には,和種は和種と交配していたようである。なお,池田類治郎は,当時岡山で搾乳業を営んでいて,搾乳期間中は岡山で飼い,その後は長島牧場に放牧していた。
 しかし,長島は,松はよく繁茂していたが,飼料となる草が少なく,そのため,夏季は辛うじて放牧できたが,冬季は飼料が不足する状態であったため数年にして閉鎖された。
 苫田郡の後藤熊次郎と中島衛,川上郡成羽町の荻野某とは,明治11年(1878)に勧農局に請願して短角種種雄牛2頭を借り受けた。そのうちの1頭を川上郡で飼養し,1頭は苫田郡香々美南村(現鏡野町)で飼養した。借用期間は5カ年であったが,その期間中に,川上郡ではわずか40〜50頭の種付けしかできなかったが,苫田郡では,200余頭の種付けをした。
 馬桑村牧場(美作勝北郡馬桑村(現奈義町))と児島郡下村(現倉敷市児島)渾大坊益三郎が明治13年(1880)に開設したこの牧場は,馬が主体であったが,洋牛雌雄各1頭(短角雄パークス号,同雌青柳号)をも借り受けていた。その後借り受けた洋牛は短角雄第三美作号(明治16年2月17日借受け)であった。しかし導入した洋牛の生産地の気候風土及び飼育の状況を考慮に入れず,むやみに外国種を導入したので,大杉牧場と同じく失敗したのは遺憾であった。馬桑村牧場の調査記録を次に掲げよう。

 馬桑村牧場跡地調査記録

 昭和45年(1970)11月28日,美作農林事務所片岡卓志,奈義町役場福永孝雄,皆木厚於,奈義町馬桑延原鹿一の4名は,岡山県畜産年表の記録により,馬桑村牧場跡を踏査した。
 位地 奈義町役場から国道53号線を鳥取県境に向かうと,黒尾峠の6合目あたり,奈義町役場から10キロメートルの地点の左側を高尾野という。昭和45年(1970)新設の国道ループ橋の真下に当たる。案内役の延原鹿一によると,「明治13年(1880)勝北郡長安達清風が,奈義町高尾野に牧場を開いた。安達の住居の裏山が高尾野の牧場で,その面積は50ヘクタール位であった。当時の記録をとどめるものは何も残っていないが,成松の井戸家のふますの裏に,当時の記録の何かが残っていると伝え聞いている。(現在の国道53号線は,明治6年(1873)鳥取県へ開通した。)
 経緯 安達郡長の屋敷跡は,現在延原重実の住居と田になっており,1部を二力養豚場が使用している。安達郡長が明治何年まで居住していたかは不明であるが,延原鹿一は子供のころ,郡長の屋敷で遊んだ記憶があるという。その当時,郡長の馬を飼育していた神田英吉が住んでいた。(現在神田英吉の孫が勝英町に住んでいる。)
 その後,大正13年(1924)から昭和5年(1930)まで,この地に第二高尾野牧場を,馬桑村延原鹿一,延原計夫および延原義憲の3人で開設した。面積は,約30ヘクタールで,栗の牧柵で囲み,預託の馬20頭,牛60頭(雌が主体で雄は明2歳までとしたが,野交尾もした)を,毎年八十八夜から10日ないし20日遅れて放牧を始め,10月末日まで放牧した。預託料は,1日につき子牛8銭,親牛10銭とした。(当時酒1升55銭,米1升38〜40銭)。預託をうけた地区は,広戸,勝加茂(以上現勝北町),豊並(現奈義町),豊田(現美作町),植月,豊岡,勝田,北吉野(以上現勝央町)であった。放牧場に番人をつけたところ赤字が出て経営難となり,また土地が部落有であったため部落民が草を刈るので,牛馬の飼料が不足した。このような理由で,まもなくこの牧場は閉鎖された。
 奈義町行方,鷲田一重編『明治,大正,昭和三代百年譜』によると,「明治16年10月,大政官御用掛原敬,山陽道巡察の途次,10月22日,日本原に来り,安達清風郡長の馬に乗り,馬桑村の牧場を視察し,日本原に帰り,徒歩で津山に至り一泊す。(後略)」とある。
 明治14年(1881)に苫田郡津山町(現津山市)の天野虎雄らが,士族授産事業として,美作牧牛社を設立して梨木原牧場(美作西々条郡富東谷村 現富村)を開設した。開設に先だち,13年(1880)に短角種雌牛2頭を借り受けたところ,雌雄各1頭の子牛を生産した。
 明治14年(1881)に,前記の短角種は,上道郡高島村(現岡山市)祇園の鈴木鉄蔵に預託せられ,同人はさらに西河原の高橋牧場に貸与した。しかし犢2頭はその世話料として鈴木鉄蔵に譲与し,借入牛2頭は明治15年(1882)に東京に送り返した。鈴木鉄蔵が譲りうけた犢2頭のうち,雄1頭は15円で岡崎佐次郎に買い取られた。その後再び鈴木の手にもどり,さらに上道郡宇野村(現岡山市)の某の手を経て,真庭郡美和村(現久世町)字目木の通称鬼源と呼ばれる牛馬商に移り,同人から苫田郡院庄村(現津山市)青木綱右衛門に売却された。この牛が2歳の時の価格が22円50銭で,これを同郡西苫田村(現津山市)の後藤秋平が買い取り育成して種雄牛としたが,体高4尺8寸に達し,優秀な体格となった。後に明治20年(1887)ごろ洋牛熱が勃興したとき,価格100円で神戸に売った。
 後藤秋平は,明治32,3年(1899−1900)ごろホルスタイン種雄牛数頭を移入して,同郡香々美南村(現鏡野町),奥津町,久田村(以上現奥津町)地方に種付けを行なっていた。明治38年(1905)ごろには,北海道園田牧場から雌牛イナノ号を買い入れて改良を図った。
 大正末期,美作地方では,搾乳業者以外の人に飼育されている乳牛は,院庄村(現津山市)に数頭いる程度であった。 

 2 備中地方

 川上郡成羽町荻野某は,明治11年(1878)に,苫田郡の後藤熊次郎および中島衛らとともに短角種を借り受け,その1頭を飼養して種付けを行なった。同所の名村富三郎外2名は,明治15年(1882)に短角種1頭と,デボン種1頭を借りうけたが成績がよくなかった。 
 上房郡松山村(現高梁市)柳井重宣,川上郡高倉村(現高梁市)の東 三省の両人は,明治29年(1896)に,県の畜産技術者である秋山直三,橋本正両名が北海道および石川県に出張の際,ホルスタイン種を斡旋してもらった。東 三省は,雌雄2頭を購入したが,柳井重宣の購入した花園号は種雄牛としての成績が顕著で,備中地方の乳牛改良に貢献した。この牛の子孫は,多くは浅口,小田の両郡で育成され,同地方のホルスタイン種普及のもととなった。同牛はその後,小田郡金浦町(現笠岡市)石井三郎の手に移り,同所で種雄牛の使命を全うした。その後久しく農家の間でその名がたたえられた。
 小田,浅口両郡地方では,ホルスタイン種の導入される前から,すでに乳牛の育成販売が盛んであった。この地方は和牛を育成して移出していた実績があったので,この経験がのちの乳牛の育成と移出に大きな影響を与える結果になった。1例をあげると,神戸屠殺場の創始者ともいうべき森谷類蔵(小田郡大井村)が,明治の初年に和牛を伊予に移出し,同地から紙を購入して,これを大阪に廻航販売し,その帰途神戸港に碇泊中,たまたま1外人に会って肉牛の購入方を依頼された。そこで最初は3頭だけ移出したのであるが,ついに神戸に移住して屠殺場を経営するに至った。このため和種牛の肥育がこれら両郡内に盛んになった(神戸牛最初の屠肉は,本郡産の牛ともいわれている)。また森谷は,明治8年(1875)神戸で搾乳業を始めたともいわれている。このように,のちに乳牛の販路を阪神地方に求めた先駆者となった。
 浅口郡大島村(現笠岡市)の秋田馬太は,初め葉藍の売買に従事して備前地方はもちろん,阪神方面にも往来していたが,阪神地方に邑久郡地方の育成乳牛を供給する事業が,きわめて有利であることを知り,洋種々雄牛を購入して和牛と交配して雑種牛を生産し,これらを育成し,妊娠させて販売した。当時は純粋な乳牛の犢は数が少なかった。しかも、育成用の子牛は県内では入手難で,業者は当時すでに洋種の改良を進めていた讃岐,豊後または長崎地方から短角種,デボン種,ジャージー種等の犢を購入して農家に預託し,または売却して育成させた。その預託条件は次のようであった。

 @ 1カ月の飼育料を定めて預託するもの。
 A 預託牛原価の半額,またはその1部を受託者に出資させ,利益の半額をその飼育料に当て,残り半額および原価を出資高に応じて分配するもの。
 B 預託当時に原価の全部を預託者が出資し,利益金の半額を飼育料として受託者に支給する。
の3種とした。また,飼育奨励のために,毎年旧正月11日に預託牛を招集して,その飼育管理の程度を審査し,優劣の順位をつけて,自費を投じて賞品を与えた。

 このようにして育成したものは妊娠させて,京阪神地方,または広島,山口の諸県および九州地方の搾乳業者に販売した。当初和牛は,1日に2升程度の搾乳量であったが,雑種牛は4〜5升に達したため,当時はすこぶる高価に売却された。その後,ホルスタイン種が導入せられ,その乳量が他の品種に比べてはるかに多いため,漸次需要が伸び,この品種が乳牛改良の中心になってきた。
 明治40年(1907)に農商務省,月寒種畜場長岩波六郎に委託して輸入したホルスタイン種ヘンドリック号は,仁科小太郎ほか数名の共有として改良に用いられた。
 小田郡笠岡町(現笠岡市)仁科小太郎は,秋田馬太より先に畜牛改良に従事し,また,搾乳業に従事してその発達に尽力した。すなわち,明治16年(1883)に,旧広島藩主浅野候経営の牧場から,短角種3頭を購入して繁殖し,その後,優良種雄牛を導入して繁殖に努めた。しかし,短角種は,労役と粗食とに堪え得ず,体質が弱く,周到な飼養管理を必要としたため,農家が嫌ったので,デボン種を購入,さらに明治27・8年(1894−95)には,広島からホルスタイン種を購入,その繁殖と販路の拡張を図るなど,乳牛の改良繁殖に貢献した。
 なお,笠岡町(現笠岡市)の秋田弥市郎,金浦町(現笠岡市)の石井三郎らも乳牛の育成と,販路の拡張に努めて,朝鮮,満州(現中国東北地区)地方にまで輸出した。飼育者の利益は一定していなくて,まれに1カ年の飼養管理で800円の利益(ただし飼育費用全部を含む)を得たというものもあるが,一般には,約2カ年飼育し妊娠させて300円〜350円ぐらいの原価を普通とした。 

 3 備前地方

 邑久郡大宮村(現岡山市)の岡本太市,大伯村(現岡山市)の岡崎左次郎等は,役牛を阪神方面に移出していたが,明治12・3年(1879−80)ごろ備後油木の殖牛社をはじめ,各地から雑種犢を購入し,農家に育成させ,これを京阪神地方の搾乳業者に販売していた。明治18年(1885)ごろから急にその移出は盛んとなった。西大寺観音院の正月の会式に,富くじの景品として乳牛を提供したのは,明治20年(1887)ごろのことであった。
 岡本太市は,天保10年(1839)11月,大宮村(現岡山市)大字上阿知に生れ,父祖の業を継ぎ牛馬商に従事した。明治12年(1879)3月邑久郡で牛馬市を開いたところ,数100頭が集った。また,同15年(1882)ごろ洋種牛の飼育を農家に勧め,備前に初めて洋牛の飼育を普及させた。同20年(1887)ごろには,関西有数の牛馬商となっていた。同20年(1887)11月に死去し,同40年(1907)4月農商務大臣および邑久郡産牛組合長から追賞された。
 岡崎佐次郎は資性温厚,品行方正で信義を重んじ,明治15年(1882)ごろ洋種牛の普及に努めた。同18年(1885)には,自ら神戸市に搾乳業を開業し,同25年(1892)には大阪市に移転し,大正2年(1913)まで経営した。搾乳業を経営した結果,育成牛よりも妊娠牛を供給する方が便利だということが分かったので,育成地である邑久郡に種雄牛を購入して,種付けをした牝牛を移出するように奨めた。その後牛乳の需要は次第に増加し,育成牛の移出は盛んとなった。とくに同40年(1907)ごろ,大阪地方に牛疫が発生し,乳牛全部が撲殺されたために,本県の育成地帯は一層飼育頭数が増え,乳牛育成の最盛期を迎えた。乳牛飼育を奨励した功績により同36年(1903)その賞として木杯1組を下賜された。
 また,その息子趙七は,明治41年(1908)3月アメリカに渡航し,カリフォルニア州チャールス・デピアス牧場から,ホルスタイン種22頭(雌19頭,雄3頭)ジャージー種5頭を輸入した。この内ホルスタイン種雄牛コンディック,トクトミヤ号を長浜村の(現牛窓町)野口金蔵に,ヘリルウオイ,ネワイツニット号を朝日村(現岡山市)の藤原政治に,いずれも組合所有として管理させた。
 和気郡は,明治17年(1884)ごろからエアーシャー種を導入して,その繁殖を図っていた。明治29年(1896)に石川県から導入したものを同郡日笠村(現和気町)の櫻井弥寿二が飼養して繁殖に努めた結果,エアーシャー種が同地方を中心に普及し,優良種雄牛の輸入も盛んに行われ,同36年(1903)には,濠州から数頭のエアーシャー種を輸入した。同40年(1907)には,有志15名の寄付をもって,濠州から種雄牛ジンミーオフアート・ゴーワン号を輸入するとともに,雌牛も7頭輸入した。その年,北海道園田牧場からは,エアーシャー種雌牛音更号を購入している。これより前に和気郡農会は,農商務省七塚原種畜牧場から乳牛の払下げをうけたこともある。
 同郡本庄村(現和気町)の今田左吉は,明治35年(1902)に,雑種牛2頭を購入したのを初めとして,同39年(1906)には,七塚原種畜牧場から乳牛数頭の払下げを受けたことがある。その他藤田元作,伊部村(現備前市)の大橋達太郎らも乳牛の改良繁殖に尽力した。地方の素封家であった櫻井は,愛牛家で,熱心に乳牛の改良繁殖を行なったが,邑久郡の岡崎らほどには販路拡張をしなかった。その後,ホルスタイン種の移入により,エアーシャー種は次第に減少した。
 備前地方の乳牛育成による利益は,約2年間の飼育により原価の3倍位に売れた。このために,乳牛育成が始まって30〜40年間で,育成家は小作農から自作農へかわり,また住宅を新築したり,改築したりしたものが多く現れたという。
 本県の乳牛飼養の概要は,以上のようであるが,中でも明治40年(1907)ごろは,乳牛頭数1万頭を数え,全国でも屈指の乳牛育成県であった。このように乳牛の育成は有利な事業であったために,他府県でもこれが普及し,とくに千葉,石川,静岡等の諸県は乳牛の改良にも努め,能力の優れたものを生産するようになった。岡山県は,育成地の欠点として,頭数を増やすことは容易でも,搾乳をしないために泌乳能力を知ることができず,そのため牛の改良が遅れ,次第に評判が悪くなり,移出頭数は漸次減少していった。

(3)岡山県乳用種牛飼養の盛衰

 図1−1−3によると,明治38年(1905)から乳用種牛は急増して,40年(1907)に1万489頭となり,当時全国屈指の乳牛飼養頭数を誇っていた。ところが,表1−1−2及び表1−1−3による同年の乳用牛頭数は813頭となっている。この大きな差が生じた原因は,前者は当時盛んに飼われた育成牛が含まれたものであり,後者は搾乳牛の頭数のみであった。このことは乳牛の育成の盛んな本県の特異事情であった。


 さらに,岡山県内務部(大正元年)の『岡山県の畜産』をみると,表1−1−4のとおりであって,雑種と洋種とを加えたものが,例えば,明治40年(1907)は1万89頭となっていて図1−1−1の乳牛頭数と一致する。

 当時は洋種や雑種は乳用種に含めていたようで,前出の『岡山県の畜産』に次のように述べている。
 「種雄牛の生産を試みに地方により区別すれば,備前及備中の南部はアシヤ種(注エアーシャー),ホルスタイン種,若しくは之等の雑種,又は退却雑種の少数をみる。又往々デボン種,或は短角種の血液の僅かに混せるものあり退却雑種となれるものあり。今如斯傾向を来せる由来をたづぬる主として需要供給の関係に基因せるものの如し。即ち備前,備中の南部に於ては,阪神地方の乳牛に供給するの目的を以て此用途として満足すべきホルスタイン種、アシヤ種,及同雑種を貴び(中略)之を以て本県下に於ける畜牛を用途により区割せば,乳用を主として肉用を兼ねるもの,耕用を主として肉用に供するものの2つになり,所謂乳肉兼用,耕肉兼用の牛と称すべきなり。」

(4)乳牛飼養のための指導施策

 明治,大正年代において,県が乳牛の飼養および改良のために設置したおもな施策は,次のとおりであった。
 明治11年(1878)に池田類治郎の大杉牧場経営に対して,1,500円を貸付して畜牛の改良を行なわせた。明治16年(1883)には,乳牛もようやく増加したために,県は牛乳搾取並販売規則を設定した。明治28年(1895),県に獣医を置き,斯業の発展を図った。当時県は,間接的奨励方針をとり自治的な団体の設立,種牛の選定,共同購入等を実施した。なお,「乳用牛の主産地は邑久,上道,浅口,小田,その他諸郡に散在するもの」と産牛立地を区分した。
 乳用種の改良については,純粋種をもって改良する方針をたてた。すなわち,明治29年(1896)3月には種雄牛馬取締規則を改正して,年々これらの定期検査を行ない,その結果優良なものに対しては賞状・賞金を授与した。また共進会等を開催して生産者の競争心をひき起こ,乳牛改良の意欲を高めることに努めた。
 これら県の施策によって牛の改良は幾分の成果を収めてきたが,種雄牛の不足,牧草の品種の劣悪,乳製品の輸入増等に対する対策が必要となったため,従来の県の間接的な施策に対して,転向の必要が迫られたため,岡山県種畜場が明治37年(1904)4月1日,岡山市に設立された(第1編第2章参照)。
 岡山県種畜場の乳牛,種雄牛の繋養は二本立てとして,一つは本場に繋いで種付けに応じ,他は郡部の団体または個人に委託して種付けした。このため同年10月には県有種牡牛種付規程を制定した。なお,種雄牛委託のためには,同43年(1910)県有種牡牛委託規程を定め,優良牛の繁殖を図った。また,乳汁をもってバター製造を始め,42,3年(1909−10)にはその製造の講習を行った。44年(1911)以来,煉乳製造試験を行い,煉乳事業を奨励した。種畜場が購入した乳用種畜は,大正15年(1926)までに53頭で,その中に米国から購入した第27サーベス・オームスビー,フォブス号は1万円もしたものであった。